海と大根 a lot of radish #SONY α7II
所かわれば品かわる、と申しますが、言葉もその土地土地でずいぶん違うものでございます。

「せそ」

これは「ヘソ」のことですが、未だに一部の地域では「せそ」というお年寄りがいます。
相当以前の話、クイズタイムショックという番組がありまして12問連続正解すると100万円と海外旅行。
最後の100万円のかかった12問目、答えが「へそ」というのが正解の問題(問題は忘れましたが)で
当地の出場者だったんですね、やった~!という顔で「せそ!」と言ってしまって椅子がクルクルと回ってしまった。
当人は何で間違えたかわからない。

「はやす」

これは野菜などを切るという意味で、当地ではある一定以上の年齢の人は「はやす」で通じます。
「おい、その白菜、はやしとけ!」などと使います。
これが全国で通じるものだと思って東京で「野菜をはやす」といって通じなかった、と泣いていた人もいます。
c0065410_0225963.jpg
画像クリックで拡大できます SOMY α7II & Super Elmer 18mm 以下同データ

「つべ」

アクセントはあとの「べ」にきます。
これは「杖」のこと。もちろんごく一部のお年寄りしか使いませんが、これなどは、もともと「杖」は「つゑ」ですから
発音的には「つ・うぇ」。この「うぇ」が言いにくくて「ヴェ」→「べ」に変わったものかもしれませんね。

私の亡くなった父は「火事」のことを「かじ」ではなく、「くゎじ」とはっきり発音していました。
昔は「か」と発音するものと「くゎ」と発音する名詞ははっきり区別されていたのです。

言葉は世につれ、少しずつ変化していくものですが、あまり単純化されたり、漢字が読めないからと言って
なんでも平仮名にしてしまうのはいかがなものか?と思います。
c0065410_0443979.jpg

今日の一枚は

カウフマン(vn) Louis Kaufmanで、ブラームスのヴァイオリンソナタNo.1 雨の歌 Rain Sonata

この曲は数々の名演があり、オイストラフとオボーリンによるそれはとても有名で、もちろんこれが一番という人がいても
わたしゃ文句言いませんが、カウフマンあたりの枯れた演奏もなかなかいいもので、心に沁みてくるものがあります。
by nontan91 | 2015-12-20 01:36 | α7II | Comments(2)
Commented by Masa_ls at 2015-12-20 06:19
α7Ⅱ+Elmer 18mm良いですね~
スーパーワイドでありながら歪のなさにも驚きです
そしてこのラフな感じの枠どこで拾ってきました?^^
整然と並んだ数字を入れた丸太?なんでだろうなんて想像してしまいます
また地方独特の方言は面白いですね、全て初めて知る言葉です^^
Commented by nontan91 at 2015-12-24 00:57
★Masaさん>

おばんです~^^
ホントに歪みが出ませんね、開放からかなりシャープでしかも柔らかさがあって好みです^^
この数字はたぶん、この季節風避けの板材の並べる順番じゃないかと思ってるんですけど。
毎年倉庫にしまっておいたのを引っ張り出してこの順序で並べるのでしょう。
方言は面白いです、宮城にも独特の言葉がありますからねぇ^^
<< やはり野に置けアンジェニュー ... 雪は降ったけれど The da... >>