八丁坂
千畳敷の広大なカール(かつて氷河が削った地形)を横切って
最初に取りつくのが、ここ「八丁坂」です。
ジグザグの道がついてますが、上のほうはかなり急で、断崖から覗き込むようです!
c0065410_18304351.jpg
ここから約40~50分で登りきるのですが、上に行くまでに道端でうずくまっている人が5~6人。
酸素不足で急性の高山病になってしまうのです。ほとんどがハイキング程度の服装の人。
ロープウエイで連れてこられるもんだから、簡単に上がれるつもりで、バッタリと。

そうそう、積雪期に偶然滑落した人を撮影したのもこの場所です。
見てない方、忘れた方はこちらです~雪が降り積もって道が消え、ツルツルに凍ったら下りは恐怖です!

CANON EOS 1DsMkⅡwith SIGMA24-135mm
by nontan91 | 2005-09-21 18:38 | 自然 | Comments(34)
Commented by kabashun at 2005-09-21 19:55
冬の記事覚えてますよー!ちょうどのんたんさんのブログを知ったときで
プロの登山写真家だと思ってましたー。
表情が全然違いますが、険しさは同じですね。
光と影のコントラストがこの日の天気の良さを物語ってますね。
Commented by tsukimizato at 2005-09-21 20:10
こんばんは
なるほど こうして見ると地形がよくわかりますね。
先日の山岳救助のTVを見ましたが、助ける側も並大抵ではできませんね。
私の父が登山をするので、そのあたりいろいろと聞かされました。
ん〜軟弱な私にはとても登山は出来ません・・・
nontanさんの山岳写真が見れるのでこちらで充分満足です!\(^o^)/
Commented by nontan91 at 2005-09-21 20:16
★kabashunさん>

覚えてていただけましたか!
プロの登山写真家?身に余る光栄です^^;
私もkabashunさんのブログの写真歴見て「うそだろ?絶対この人
何か隠してる」って思ってましたもんね^^

この日はとても天気がよかったので、登っていてもとても気持ちよかったです(^^)
Commented by Aria at 2005-09-21 20:31 x
ふぉぉぉぉ
なるほど、いや、う〜む。
冬の山の写真と見比べてしまいました。
こんなところを、滑り落ちてしまった人がいらしたんですね。
いや、怖い・・・。
なんまんだぶ なんまんだぶ

でも、ここも良い景色でスノゥ  (寒)
Commented by nontan91 at 2005-09-21 20:32
★tsukimizatoさん>

こんばんは!
凄い地形でしょ?よくこんなとこに道をつけたものだな、と思います。

山岳救助のTV、私も山の麓の宿で見てました、なるべくお世話に
ならないよう、気をつけないと。わたし、99%単独行なので、
装備を山ほど持っていきますから、リュックが重くて困ります。
カメラやレンズ、バッテリー、三脚などで5kgにはなりますが、
捨ててくるわけにもいかず、軽くなったEOS 5Dの発売が待ち遠しいです^^
Commented by nontan91 at 2005-09-21 20:43
★Ariaさん>

冬の写真、ごらんになりましたか?滑落した人は恐かったと思います。
でも私のそばにいた冬山登山受付の山岳会の方が「あいつのアイゼン
8本爪だったんで、登るのやめろ、と言ったんだがね~、ま、あそこから落ちても
途中で止まるから、たいてい命は助かる。」と言ってました。
最低10本は爪がないとひっかからなくてダメだそうです。

たしかにここも良い景色です。
Commented by soccerboy_shouta at 2005-09-21 20:46
見事な、写真ですね!
こんなトコには、しんどいので行きたくないですが、行ってみたいです(笑)。
Commented by nontan91 at 2005-09-21 20:54
★ soccerboy_shoutaさん>

こんばんは!ありがとうございます。
いいところでしょう?自分の目で見るとまた一段と迫力がありますよ!
サッカーやってらっしゃるんなら、チョロイ、チョロイ^^
是非一度行ってみてください(^^)/
Commented by midorimagu at 2005-09-21 21:51
吹き降りてくる霧に惹かれます。
ジグザグの人道が印象的、楽して行ける方法はないものかと...
甘いですね。こんな険しいお山はnontanさんにお任せして眺めている
方がいいかもです。

雪山に小さく転げ落ちるショットよく捉えられました。
何か、いい写真だなぁって思います。
Commented by yasu_eos at 2005-09-21 22:22
すごーいステキですね。
やっぱり、こういう風景は上った人へのご褒美のようなものなのでしょうね。
↓のお日様もすごいですねー。いつも単独行動なのですか?すごいですね。カメラだけでも重たいのに、登山道具もひとりでもつとホント大変ですねー。
山岳写真家、顔負けの写真だらけですね。何を撮っても一流ですねー。センスがいいのでしょう。すごい!
Commented by hamabig at 2005-09-21 22:55
私も記事覚えていますよ、
本当にプロの方だと思っていました、
今でも撮影力はプロの方だと思っております。

写真からも伝わってきますが、千畳敷は険しい所ですね、
特に積雪期は駅を10mでも離れたら完全な冬山です、
実際に駅から200m程のところで雪崩に巻き込まれた方も居ますから、
撮影には気を付けて下さいませ。  
Commented by nontan91 at 2005-09-21 22:58
★yorikoさん>

そばで写真とってた人たちが、「雲が出てきちゃったよ、あれがなければ
きれいなのに~」と言ってましたが、私は「あの雲があるから、いい絵に
なるんだぞ~!」って心の中で思ってました(笑)
さすがにyorikoさんは目ざといですね~
ジグザグの道~な~に、一時間もあれば上までいけますよん。

転げ落ちる登山者、偶然ですが連写しました。無事だったから
ブログに載せましたけど^^
Commented by nonta0135 at 2005-09-21 23:07
こんばんは~♪
リンク先も拝見しましたが ほんなこつ恐ろしかぁ(ダレ)
一瞬でしょうからね~ 高いところが苦手な私はなんだかゾワゾワ~となりましたよ~
美しい山ですがリスクも大きいんですね
高山病って降りたら即よくなるんでしょう? 自分で降りるんですか?
やっぱり山岳救助隊?(まだ言うw)
Commented by nontan91 at 2005-09-21 23:09
★yasuさん>

こんばんは!
そんなに誉めないで下さい、調子にのってしまいます(笑)
いつも単独~そうなんです、この花撮るからちょっと待ってて、とは
なかなか言えないのですよ、よほど気心知れた人でないと。
だからテントまでかつぐととっても重くなります、岩場だと怖いこともありますね。
Commented by tamoto_lc80 at 2005-09-21 23:14
おおおお!やっぱり雪山怖い〜(><)
 ほんと、よく打撲だけで行きて帰って来られましたよね!それを一部終始撮影していたnontanさんもすごいです!

 んんでEOS5Dの話に禿しく反応する訳ですが、軽いから…期待するのはごもっとも!でも寒い雪山で駆動する信頼性はあるのかな?と心配です。依然、修学旅行に添乗し赤倉高原スキー場に行った時はEOS5ではバッテリー新品にも関わらずバッテリーアウト、急遽NewF-1が活躍しました。室内ではEOS5は復活。屋外ではF-1でした。その新潟県のさらに山の上でしょう?中級機で信頼性大丈夫なのかな?軽かったけど、役に立たず置いて帰ろうかと思っちゃったり…
Commented by nontan91 at 2005-09-21 23:16
★hamaiさん>

そうですね、あの写真の頃からのお付き合いになりますね、
まだ半年くらい前の話でした!

駅を10mも離れると冬山~ほんとですね、ホテルに寄りかかるようにして
撮影してましたもんね。200mのところで雪崩れですか、怖いです。
ロープウエイの鉄塔の点検されてる方も何人か雪崩れに巻き込まれて
いるようです。

12月31日にまだ千畳敷ホテルが空いているそうです。迷ってます。
美ヶ原の王ヶ頭ホテルに行きたいですが、あそこはもう満員^^;
Commented by nontan91 at 2005-09-21 23:27
★nontaさん>

冬山バージョンご覧いただけましたか、怖いですね~
私もゾ~っとしました。でも反射的にシャッター押し続けていた
自分も怖い(笑)

高山病はたいてい標高にして100mも降りればよくなります。
ただガマンしてとどまると、肺浮腫になったりして命にかかわりますから、
ヤバイと思ったらすぐに降りた方が賢明のようです。
TVではおんぶされて子供が下ろされてましたね。
Commented by nontan91 at 2005-09-21 23:40
★たも。さん>

いや~雪山は見てるだけならいいですけど、実際は私にも無理です。

5D、じつはあまり心配してません^^ 
というのは、D60を長いこと使ってたのですが、マイナス10度で
3時間出しっぱなしということがよくありましたが、カメラはダウンしませんでした。
もちろんバッテリーはすぐアウトですから、3個持っていって、お腹で
暖めます、するとじきに回復して使えるようになるので、それの繰り返しです。一回には10枚程度しか撮れませんが、3個あれば、入れ替えて
またすぐ使えます。まったくバッテリーの問題だけでした。
20Dも同様です。1Dsだからバッテリーが寒くとも長く持つというのはありませんでしたよ。
冷えてしまえばみな同じです。防寒着きせてますから着氷も防げます^^
ただバッテリーお腹に入れるととーても冷たくて悶えちゃいます(笑)
Commented by tamoto_lc80 at 2005-09-21 23:55
やっぱりそうなんですね!!1Ds2は電池の信頼性を考えてリチウムではなくニッケル水素を使ってるという事でしたので寒いところでも動くのかと思ってましたが寒い時は一緒ということですね!こちらでは寒くて動かなくなるという経験はしないので( ´ー`)
 これが最後…という事は1Ds2はお嫁に行ってしまうの?(泣)
 
 電池問題にしろ信頼性にしろ、メカニカルシャッターで電池無くても動くカメラがデジタル化される事を希望します!NewF-1は信頼で来ましたよね、それでいてデジタルだったら最高なんだけど!もちろんEFレンズ使えるAF機で…あ!レンズ動かす電源はどこから…_| ̄|○
Commented by かと at 2005-09-21 23:56 x
この画面の端から端までどれほどの広さなんだろうとジグザグの道を見ながら考えています。
あの雲が霧かな、降りてきたら怖いんだろうなとか。
ほんま、ダイナミック!
あの夜店の少女眼差しを撮った人と同じ人とは思えないです。

知人に山登りの趣味の人で山上の美しい景色を撮りたいと写真をはじめた人が何人もいます。
でもグループ登山の途中で写真は撮れないという話も彼らから聞いています。
写友の80近いおじさんはついこの間まで毎年エベレストやスイスの山岳へ撮影に行っておられました。
そんなに人の心を引きつけてやまない山岳、私は登ったこともないしこれからも登ることはないと思うけど。


Commented by nontan91 at 2005-09-22 00:49
★たも。さん>

ニッケル水素電池~前から使ってたバッテリーがつかえなくなって
買い換えないといけなくなると文句が出るので、そのままニッケルに
した、と言う話もありますけど(笑)

ニコンだってリチウムですから問題ないと思うんですけど^^
1Ds2はしばらくそのままですよ~、5Dの写り見てから考えます。

NewF-1はいいカメラでしたよね、今も中古の人気高いようです。
レンズ動かす電源はどこから~CMOS動かす電源は? 笑
Commented by nontan91 at 2005-09-22 01:08
★かとさん>

画面の一番下を横に歩いたら、15~20分くらいかな?
そんなにかからないかも、です。

夜店の少女眼差し~前にも書きましたけど、私、節操無いですから
すぐその場の雰囲気になじんでしまいます、あれは、あれ。
これは、これ、です(笑)  お祭り写真、まだいいのあるんですけど、
ネタ切れになったら出します^^;

山登り趣味の人~私は逆で上に行かないと撮れないものがあるので
仕方なく山登ってます・・・

グループ登山で写真撮れない~それはそうなんです、でも私は10人、20人と
団体でないと登れない人たちの方が信じられない。リーダー、サブリーダー以外は
責任感が次第に欠如して人任せになってしまいます。写真を撮るのであれば
単独で登るべきではないかな~とえらそうなことを言う^^;
80のじいさま、えらいです!かとさん、ロープウエイもありまっせ^^
Commented by かと at 2005-09-22 02:03 x
一旦床に入ったのですが寝付けなくてまた遊んでいます。

雰囲気になじめるというより写真というものが分かってるからどこを攻めたらいいか、もう本能的に動けるんでしょうね。
写真は山に限らず何時でも単独でと思っています。
ロープウェイね、考えてみます。
のんたんさんの写真を見ていたら人生に大きな忘れ物をしてきたような気がしてきて、これは一度見に行かねばなるまい。


Commented by 釣竿 at 2005-09-22 07:16 x
私も四国の最高峰石鎚に良く上りますが、全然比較ならないほどきつくまたすばらしいですね。
山岳は苦しくてきついですが上がりきった時、あの達成感がたまらなく良いですよね。
私も又上がりたくなりました。
いやー、すばらしい!
Commented by trial05 at 2005-09-22 11:13
厳しい状況下で撮影された、冬山から見せて頂いてたけど・・・
撮影が好きなのか・・・ 登山が好きなのか・・・
一口では語れない、厳しい一連の画像です!! 素晴らしいぃぃ~
何度登っても、山へ 感謝の気持ちを忘れない、のんたんさん!
お人柄がわかるような・・・ (真面目にカキコ しちゃったー (^^)/
Commented by soupbone at 2005-09-22 11:17
こういうスケールのでかいトコで、人知れず、
わーっ、ぎゃーっ、うぉーっとか、猛獣のように、叫んでみたいです。
登山は苦手だけど、頂上は好きです。
でも、苦しさを味わないと、そのてっ辺の良さも100%じゃないらしいっすね。
Commented by nontan91 at 2005-09-22 13:29
★かとさん>

今日は朝起きがつらかったのでは^^
そちらから信州の方へ行くのも大変かもしれませんが、本屋さんの
山コーナーへいくと、マイカーで行く山とか、ロープウエイを利用して
登れる山のMookがたくさん出てますから、終点へとりあえず登ってみる
のもいいかも、です。体力要りません(^^)
ここ千畳敷や新穂高ロープウエイ、白馬の栂池自然園など上がっただけで、感激!というところが結構ありますよ^^
Commented by nontan91 at 2005-09-22 13:35
★釣竿さん>

石鎚山はタイヘンでしょう?写真見ても上のほうはつらそうですよ^^;
でも何とかして四国の霊峰に登ってみたいですね。
朝の光景など撮ってみたいものです^^
Commented by nontan91 at 2005-09-22 13:40
★トライアルさん>

いや~登山は嫌いです、何とかして楽できないか?といつも考えてます。
水が重いですね、カメラもですが。でもいい景色に出会えたときは
ほんとうにうれしいです。これからも危険を冒さないようにいろんな
山に行って見たいです。
真面目なカキコありがとうございました!
Commented by nontan91 at 2005-09-22 13:45
★soupboneさん>

苦しさを味合わないと~そんなことはありません、ロープウエイでも
ヘリコプターでも、楽してこんな景色が拝めたら、こんなにいいことはありません。
苦労して~というのはマゾっけのある人たちだけです(笑)

私は居ながらにして、こんなとこ眺めて、ぎゃ~~~~と叫んでたいです^^
Commented by KouseiUfufu at 2005-09-22 15:06
いやーースケールがデカイですね
ほんとは時間がたっぷりあったらこんな大自然と向かいあいたいですが
でもすごーい!その前に登山しなくてはね。登山なんてしたことないか
ら、近くにある低い山からですね。
でも、しんどそうですね。やっぱり、ノンタンさんにお任せしようッと!
Commented by taka at 2005-09-22 18:15 x
こんばんは。
千畳敷カールって名前はよく聞いたいましたが,凄い場所なんですね~。
冬の滑落の写真と比較して一層その思いを強くしました。
本格的な登山なんかしたことがないので,今更登山をなどとは考えていませんが,その素晴らしさがnontanさんの写真でよく判ります。
私は,nontanさんのお写真で登山の素晴らしさを疑似体験させて貰うことにします~。(もう,身体がいうことをききません。)
Commented by nontan91 at 2005-09-22 19:43
★こうせいさん>

な~に、2日連休があれば大丈夫!
一日登って、翌日休養(笑) 九州にもいい山がたくさんありますから
阿蘇の周辺、そして霧島、行きたいところは山ほどあります^^
でも先日の台風のおかげで、崖崩れのままになっているところが
多いそうですから、お気をつけて!
Commented by nontan91 at 2005-09-22 19:50
★takaさん>

いいところですよ~!関東からでも比較的楽にゴンドラに乗っていけるところが
ありますから、いかがです?日光、谷川岳、草津白根山など、枚挙に
いとまがありません^^ あ、雪降る前に谷川岳に行こうかな?
ロープウエイで天神尾根に上がってもいいですし、一の倉沢までいって
駐車場から見る景色は絶景です!
<< 散りばめて 夜明けのひととき >>