アルプスの光の中で A quiet afternoon #FUJIXPro2#FUJIGFX50S
Hotel Finn Juhl Hakuba.
ホテル フィンユール白馬。

世界的に有名なデンマークの建築家フィン・ユールのデザインした家具の復刻版で埋め尽くされているという、
いくつかの雑誌に掲載され話題になっていたし、古いデンマーク家具が好きなので是非一度泊ってみたいと思っていた。

ついでに北アルプスの写真でも撮れればいいなぁ、とか考えていたが
ホントに山の撮影は「ついで」になってしまった。
素晴らしい体験でした。
c0065410_21175928.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 35mm F1.4R 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


ホテルにはデンマーク人のスタッフしかおらず、どうやら英語とデンマーク語しか通じないらしい。
HPをみたが電話も記載されていなくて、メールだけが通信の手段。

何度か英語でE-メールのやり取りをして宿泊の手続きをした。
電車の到着時刻を教えてくれたら駅まで迎えに行くよ、と言われたが
N潟から車で行くから待っててね、と伝えておいたのはいいけれど、現地に着いてもホテルが見つからない(笑)
N潟市からはおよそ220km、3時間半くらいかかる。Google MapにもYahoo Naviにもホテルの正確な場所は示されない。

行けばわかるだろう?と出かけてみたが現地は広すぎてわからない。酒屋さんがあったのでご主人に聞いてみたけどわからない。
そこに地元のお客さんが来て場所を調べてくれてやっとたどりついた。
c0065410_21181962.jpg
FUJI GFX 50S & GF 32-64mm F4



築40年のペンションをリノベーションしたとは思えない素敵な空間。
玄関を入るところから魅了される。

実は事前にE-メールで撮影とBlogへのアップロードの許可をもらっていたので早速撮り始める。
部屋は全部で6室で、それぞれ置いてある家具の種類が違う。
使っていない部屋の撮影も許可をいただいたので、それは次の機会に。

まずは入ってすぐのレセプションルーム。
ゆったりとしたスペースにフィンユールの家具が配置されている。
北アルプス、五竜岳から午後のやさしい光が部屋に射し込んでいた。
c0065410_21184888.jpg
FUJI GFX 50S & GF 23mm F4


夕方の青い光と室内照明のミックスで撮ったものもいいが、断然午後の光の中で撮ったものがよかった。
室内は十分に温かく気持ちがいい。ここで椅子に腰掛けながらゆったり過ごすのがよろしい^^

そうそう、ここは朝食はついているのだが、夕食はない。
近くに様々なレストランがあるので紹介してもらって歩いて出かけるのだ。

しかし、年取ると簡単な英単語がすぐに出てこなくて四苦八苦(笑)

半地下のリビングルーム。
夜はここでワインを飲んだり、パソコンに向かったり他のゲストと話をしたり。
もっとも宿泊客はほとんどが外国人の方で、日本人は英語しか通じないことに恐れをなしてあまり来ないらしい(笑)
なので、日本にいながら気分はデンマークという貴重な体験が出来る。
c0065410_21190020.jpg
FUJI GFX 50S & GF 23mm F4


カタログ写真にならないようにと思いながら撮り始めるが、撮りだすとそうもいかない(笑)

宿泊料金は前払い。
そのかわり、ホテル内のワインやソフトドリンクは全部無料でサービスされるので
チェックイン、チェックアウトの時も何もする必要がない。
iPadでサインをしただけだった。
c0065410_21190439.jpg
FUJI GFX 50S & GF 23mm F4


昼間っから飲んだくれるはずが、写真を撮っていたらあっという間に時間が過ぎて
ろくに飲めなかった(笑)夜は居酒屋さんを紹介してもらって生ビール。
そして翌朝は午前4時起きで、怒涛の撮影が待っているのだ(笑)

今回ホテルだけでカメラ2台で600枚ほど。
山の写真を含めると1000枚以上撮ってきたので、まだまだ続きます。

to be continued.

Thanks a lot to you all !




by nontan91 | 2018-04-02 23:25 | GFX50S | Comments(6)
Commented by yoshipass at 2018-04-03 01:17
いや、全く知らない情報でした。
山の写真はともかく(失礼 笑)
この空間の美しい写真、所望です(^_-)-☆
Commented by zbjsower at 2018-04-03 14:03
どの写真も何度も見返してしまう美しさがあります。
600枚もの写真の中から厳選された写真なのですね。
Commented by nontan91 at 2018-04-04 00:02
★yoshipassさん>

こんばんは~^^
Casaなど日本の宿泊施設特集をやっていた号に何度か
掲載されました。ちょっと行ってみたいな、と思っていましたが
英語しか使えないというので敷居が高くためらっていましたが
何とか出かけてみました。一日撮っていても飽きないですよ(笑)
それではそのうちにプリントして持って行きます^^
Commented by nontan91 at 2018-04-04 00:08
★zbjsowerさん>

こんばんは~^^
こういうところへ来ると写したいものばかりで
気がついたら枚数だけは沢山ありました(笑)
今回のは厳選されたものではなくてとりあえずよさそうなところを
ピックアップしました。まだ全部点検してないんですよ。
次回では厳選?したものが出てくるかもしれません(笑)
Commented by SAKURA at 2018-04-04 14:10 x
私もデザイナーの端くれですが~、このようなモノこそ、リノベーションと呼ぶかと。。(笑)
日本では名前とかイメージだけが先走りして、中味がゼロ、、、なんていうことも少なくないですから。
北欧の血のようなもの~あれって遺伝子に組み込まれているような気がします。
Commented by nontan91 at 2018-04-04 23:57
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
いや~デザインされる方はきっとここにいらしたらうれしくなっちゃうんじゃないでしょうか?
確かに中身のないリノベーション?は多いですよね。
ただ外観を新しくしただけ、みたいな。
この木の使い方、足の造形の美しさは北欧家具に共通のものがありますよね。
復刻ですから古いはずなのに現代建築にもぴったりと合いますね~^^
<< 明けてゆく白馬 Mt.Shir... 古い写真を引っ張り出して 7y... >>