一本のバラについての考察 #FUJIXPRO2#SONY α9
新潟の聖籠(せいろう)町に代々の大庄屋、二宮家があります。
弁天潟を望む3000坪の敷地の一角に素晴らしいバラ園があり、現在一般公開中なのでカメラ片手に、いや両手に出かけてきました。

近郷の人は二宮様と呼び、由緒正しき家系でそのお屋敷の中に現在も住まわれていますが、
5月から6月にかけてのバラの季節のみ、そのバラ園と日本庭園の一部が公開されています。
その全貌は後日報告いたしますが、まずは私の気に入った一本のバラ。
c0065410_22004614.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 56mm F1.2 R APD 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


一枚目はFUJI X-Pro2で撮ったもの。
下の二枚目はSONY α9で撮ったもので、
ほとんど同じ位置、似たような構図で撮影しましたが
出来上がったものはまるで違います。
c0065410_22005140.jpg
SONY α9 & VARIO TESSAR FE 24-70mm F4


レンズもセンサーサイズも違うものを比較するのもなんですが、
実際のバラの色に近いのは二枚目のSONY α9の画像。

FUJIのものは実際の色とは違いますが、美しく夢を見ているような色になってます。
SONY α9のものは若干くすんだ色合いになっていますが、記憶に残る色そのもの。
さて、どちらを採るかといわれたら迷ってしまいます。

美しく夢を見させてくれるほうを採るか、
現実を採るか?

これがまたSIGMAだったら、Nikon,Canon,Pentaxだったらどんな風に表現されるのでしょうね。


今日の一枚は当然ですが

The Days of Wine and Roses 酒とバラの日々

これはアンディ・ウィリアムズでいきましょうか。
昔「アンディ・ウィリアムズ ショー」というテレビ番組がありましたね。
あのやさしいハスキーヴォイス、ムーン・リバーが流れてくるとテレビにかじりついていたものです。
酒とバラの日々、いそしぎ、慕情、ダニー・ボーイ、シャレード、ほとんどのスタンダードナンバーは
彼の歌声で覚えたものです。本当に懐かしい歌声です。


by nontan91 | 2018-05-23 22:46 | X-Pro2 | Comments(6)
Commented by yoshipass at 2018-05-24 00:47
2枚目の色が好きですねぇ。
「○○に似ている」っていういい方はあまり好きじゃないんですが、
コダクロームを彷彿させますね。
Commented by SAKURA at 2018-05-24 11:58 x
カメラはビギナーなんで~この問題にいつもぶち当たります。
人間の肌色ですが、ニコンは黒ずみがあって実物に近いと・・・・逆にフジはテレビや映画のようなメイクをした綺麗さをカンジます。パナもフジさんに近いでしょうか。
好みの問題ですが、原則、カメラは実物に近いもののほうがリアルな記録になるので、そちらのほうが貴重かと思いますが。。
Commented by zbjsower at 2018-05-29 16:31
カメラが違うとこんなにも違った写真になるのですね。
スームと単との違いもあるし、ボケ具合も違いますが、やっぱりまずキレイだと思うのは1枚目でしょうか・・・
でも、ずっと見ていて味わいを感じるのは2枚目かも知れませんね。
写真ってつくづく知れば知るほど奥が深いものですねぇ・・・
Commented by nontan91 at 2018-05-30 22:38
★yoshipassさん>

こんばんは~^^
二枚目ですか。
コダクローム64ではなくて25の方に似てるかもしれませんね。
若干浅めの色のりで、いい雰囲気ですよね^^
Commented by nontan91 at 2018-05-30 22:44
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
皺もシミも全部記録するようながっつりした
ポートレートはニコンの方がいいのかもしれませんね。
フジはたしかにきれいにメイクしたよそ行きの顔になりますから
女性にはいいのではないでしょうか?
ただそこんところはフジもわかっているようで、
クラシッククロームなるフィルムシミュレーションを
搭載していて、この写りを元に調整すると現実に近くなります。
調整次第みたいですね^^
Commented by nontan91 at 2018-05-30 23:15
★zbjsowerさん>

こんばんは~^^
カメラ会社設計陣のポリシーがあるのでしょうね。
フジはどうもVelviaの呪縛から逃れられないようなところがあって
それがネックになっているような気がします。
中判ではそれがかなり払拭されたようでインターナショナルな色が再現されるようになりましたが。
一枚目は、やはりきれいです。部屋に飾っておくにはこちらの方がいいですね。
二枚目は玄人受けするかもしれませんがから写真展などにいいかもしれませんが
廊下にずっと飾っておいたら気が滅入るかもしれません(笑)
<< 夏草や つわものどもが 夢の始... ある晴れた日に XF56mmF... >>