シアトルの空の下で 4 Living in Seattle 4 #FUJIXPro2
スコットさん[shot & shot : https://scottts.exblog.jp/]がアップした最新の写真をご本人が撮っているところを
後ろからスナップした一枚。愛犬モウの姿も^^
c0065410_21361640.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


またもやすっかりご無沙汰してしまいました。
シアトル旅行のつけがまわってやることが目白押し。
ゆっくりPCの前に座っている時間もありませんでした、すみません!

サマーミッシュ湖でしょうか、夕方にはすっかり晴れ渡り美しい風景が目の前に広がっていました。
さすがに空気感が違って、何を撮ってもすっきり晴れやか!
このまま移住したいと思ったことでした。
c0065410_21362314.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm


二枚目はそのボート練習中の彼女たちを撮った一枚。
実はこの直前にレンズを10-24mmから、あわてて18-135mmに交換した時に
どこかに触れてしまったらしく、EVFは変な色になって、周辺光量が暗くなってしまい、なんだこりゃ???

わけがわからず、しかしこの瞬間を逃すわけにもいかず、まずシャッターを押しました。
遠くの岸辺にはスコットさんとT*さんの姿も写っていますが、そう、レンズ交換に手間取り、置いていかれて焦っていたのです(笑)

あとで設定をゆっくり確かめたら、アドヴァンスト=フィルターなるものがかかっていて
こうなっちゃったんですね。RAW画像ではまともに写っているのですが、
これもなかなか雰囲気があるようで、失敗したそのままの画像をアップしました。
c0065410_21573068.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm


いいですね、こんなところでトレーニングできるなんて。
気分はすっかり絵葉書写真になっています(笑)
気温は20℃前後だったでしょうか、とても爽快です。
c0065410_21584259.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm



この上の写真も同じ湖畔で。
モウにステイさせてスコットさんがどんどん遠ざかって行きます。
心配そうにうずうずと待っているモウ。このあと、おいでの一言で
ゴムまりのようにぶっ飛んでいくモウの姿の愛おしかったこと。
c0065410_21585151.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm



9月半ば、気温は20℃くらいだというのに、湖ではまだ水着ではしゃぎまわっている人たちがいます。
日本ではちょっと考えられないですね、気温が30度あっても水着で騒いでいる人はみかけないです。

ああ、もうアップしなきゃいけない写真が山ほどあるのですが
季節がどんどん移っていきます。明日はタイヤをスタッドレスに交換予定。
週末には氷点下の山へ撮影に行きます。




by nontan91 | 2018-10-30 22:23 | X-Pro2 | Comments(4)
Commented by zbjsower at 2018-11-03 12:47
こうして拝見していると、人物が全員日本人だったら、日本の風景だと言われても分からないかも知れない感じですね。
しかし・・・
気温20℃でも水遊びとは!
これはやっぱり日本では考えられないですね(笑)
Commented by tad64 at 2018-11-03 18:46
空気が違うのでしょうね、抜け感が素敵です。
Commented by nontan91 at 2018-11-06 23:31
★zbjsowerさん>

こんばんは~^^
そうなんです、グランドキャニオンならすぐアメリカとわかりますが
都市部の近くでは日本とそれほど風景がかけ離れているわけではないようです。
ただ、空気が澄んでいるのと、寒くても日が照っていれば
水遊びをしている人がいるのは
ちょっと違いますね(笑)
Commented by nontan91 at 2018-11-06 23:33
★tad64さん>

こんばんは~^^
tadさんはそちらで暮らしておられたから
よくご存知でしょう、ホントに空気が違いますね。
総天然色アメリカ映画と日本映画の違いですね。
<< 7人展のご案内  秋の銀河とアンドロメダ大星雲 ... >>