プラタナス通りで on a street, Seattle #FUJIXPro2
ScottさんがThambar90mmで数々の傑作を撮られた場所。
そこへももちろん案内していただいた。
ただ、黄葉の季節にはちょっと早すぎたのが残念。
それでも木漏れ日にキラキラと輝く風景はなんとまぁ魅力的なんだろう!?
c0065410_21400285.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 56mm F1.2 APD (以下同データ)画像クリックで拡大できます Click to enlarge


Thambar 90mmと勝負しても負けるに決まってるし、
実は自分も持ってるけど(笑)同じレンズ使ってもおのぼりさんにはどうやって使っていいかわからない。
負けたときの言い訳に、まったく違ったカメラとレンズを使うことにする(笑)
c0065410_21581196.jpg
XF 56mm F1.2には二種類あって、もうひとつ56mm F1.2 APDというのがある。
背景との距離によっては2線ボケが強く出てしまうのを嫌い、特殊なフィルターを装着して
ふんわりと柔らかいボケを得られるようにしたのがAPD。
ミノルタや現在のSONYの100mmではSTFと称しているのがそれだ。
c0065410_22000894.jpg


X-Pro2はAPS-Cだから56mmは85mmに相当する。
Thambar 90mmに近いではないか^^
c0065410_21591544.jpg

Thambar 90mmは現在復刻版がある。
しかし、それで撮られた画像をたくさん見たが、古いタンバールには勝てない。
経年変化ということもあるかもしれないが、あの雰囲気には勝てないのだ。
どうも写りが新しすぎる。この56mm APDも然り。
c0065410_21404344.jpg

そしてScottさんとの腕の違いもあって、彼の写真には遠く及ばないことは、はっきりした。
でも、まあ、なんとなくプラタナス通りの雰囲気は出せたんじゃないかとは思う(笑)

この場所を掲載するにあたり、地図上で見つけようと悪戦苦闘。
シアトルのプラタナス通りではなんぼググッても出てこないので
直前に寄ったTaylar shellfish oyster barやCafe Umbriaを探してそれらしいところを見つけた。
そして決め手になったのがGlasshouse-studioというガラス工芸のお店だった。
c0065410_21413169.jpg

プラタナス通りのど真ん中にあるこのお店、電灯のかさなどを手作りしているところで
以前にNHKの番組の中で紹介されていた。中へ入ってみたらまさしくそのお店で、
見覚えのある方をみつけて、「以前に日本のTVクルーが来たでしょ?あなたをTVで見たんだよ!」
と言ったら「ホントか!? オレ有名になったかなぁ?」「うん、そうそう!」
とても喜んでくれて写真を撮らせてもらえた。相棒が出てきて「俺も出てた?」「たっぷりね!」
c0065410_21402564.jpg
というわけで、やっとこの通りを探し当てて一件落着。
スコットさんとシーラさんは、次の場所へ移動していくのであわてて後をついていく。
c0065410_21400937.jpg

このあとはパイオニアスクエアに行ったはずなのだが、どこをどうやってそこに行ったのか
まったく記憶にない。後をくっついていったら広場に出た。
c0065410_22513187.jpg


だいたいこの、ウエストレイクステーションから電車に乗せられてから道がわかんなくなってしまった。
c0065410_22530726.jpg
(この一枚だけ XF 10-24mm)

電車もバスもみんな一緒くたにここへ集まるんだよ、と教えてもらっていくつもバスや
電車が通り過ぎるのを見ていた。お目当ての電車に乗せてもらったはいいが、そこからわからなくなった(笑)
スコットさんとシーラさんを見失ったらどうしていいか、一生懸命ついていく。
c0065410_22525303.jpg

パイオニアスクエアのあとはPike Place Marketに向かったはずなのだが
これもどう歩いていったのか不明。

スコットさんが指差す先にはGoogle street viewの車があった。
初めて見た^^
c0065410_22542544.jpg
てなわけで、どこをどう歩いたのかわからないうちにシアトルのいいとこ取りの一日が終わりました(笑)
それにしてもお二人の健脚ぶりには驚きました!
私は戻ってからベッドにひっくり返ってしばらく動けなかったですからね~
c0065410_22545462.jpg
さてシアトルの街を探訪しながら聴いた今日の一枚は

マイルス・デイビスクインテットで「MY FANNY VALENTINE」
1964年、ニューヨーク リンカーンセンターでのコンサートのライブ録音である。

メンバーはマイルス・デイビス(tp)
ジョージ・コールマン (ts)
ハービー・ハンコック (p)
ロン・カーター (b)
トニー・ウィリアムス (ds)

当時子供だった私は、この数年後にこのレコードを聴くことになるのだが
大人たちはマイルスのことを「デビス」と呼んでいた。
そういうのが「通」らしかった。東京ではデビスと言うのだそうだ。

まだジャズが何だかわからないころで、大人の仲間入りをしたくて
薄暗いジャズ喫茶に入り浸り、紫煙の中、コーヒー一杯で何時間も粘って体をゆすっていたものだが
「デビス」はよくわからんジャズの代表格だった(笑)

このレコードではマイルスは例のミュートではなくオープンで吹いていることが多い。
ペットではなくフリューゲルホーンなのかもしれない。ミュートではないマイルスは好きだ。

ジョージ・コールマンのテナーもなかなかよろしい。
ハービーハンコックもとても素敵なピアノを弾いている、マッコイ・タイナーよりもいいな。

1964年にこんなモダンな演奏をしているのだから、やはりマイルスの先進性は凄かったのだろう。
他のメンバーはついていくのが大変だったに違いない(笑)






by nontan91 | 2018-12-12 00:03 | X-Pro2 | Comments(6)
Commented by SAKURA at 2018-12-12 09:51 x
いや~のんたんさんも素晴らしいです・・・・・(笑)
私の住む神奈川でも、横浜の関内に同じような街の風景があります。ドキドキ~しますよね。(笑)
次の状況のときには、ぜひにお立ち寄りください。
また、写真展の季節ですか~だれか私にN潟出張を言ってくれないかな~といつも思います。(笑)
Commented by zbjsower at 2018-12-24 13:33
プラタナス通り。
こんな素敵なキラキラした場所なんですねぇ~
もちろん、お天気によって雰囲気は違ってくるのでしょうけど・・・
一緒に歩かせてもらった気分になりました。

よいクリスマスをお過ごしください^^
Commented by tad64 at 2018-12-27 15:14
懐かしい場所をのんたんさんのお写真で拝見でき嬉しい限りです。
スコットさんもシーラさんもお元気なんですね!
沢山撮られた事と思いますので又拝見させて下さい、宜しくお願い致します。
Commented by nontan91 at 2018-12-31 20:50
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
お返事がまたも遅くなってしまい、写真展も
終わってしまいました・・・
横浜の関内、若い時何度か通ったことがありますが
その時とは様子が変わっているのでしょうね?
ぜひもう一度行ってみたいと思います^^
Commented by nontan91 at 2018-12-31 20:52
★zbjsowerさん>

こんばんは~^^
クリスマスも終わってしまいました、ごめんなさい!
プラタナス通りという正式名称ではないようですが
地元の方はそう呼んでいます。
四季折々に美しいところのようですから
また別の季節に行けるといいですね^^
Commented by nontan91 at 2018-12-31 20:55
★tad64さん>

こんばんは~^^
ここも地元の方にはなじみ深い場所なんでしょうね。
観光客のみならず地元の方も楽しめる、そんな感じを受けました。
まだまだ画像がたくさんあるのですが、全部出したら
1年経ってしまいそうです(笑)
時々ごらんください^^
<< 7人展、ただいま開催中! 暑かった夏の日に Summer... >>