青の夜明け Dawn in blue #SONYα9
午前3時前から雄国沼をウロウロして山を登り下りして木道を歩き
撮影を終えて駐車場に戻ったのが8時半ごろだった。

前回来たときは晩秋で、木道の周囲の草木は朝露にびっしょり濡れていて通りにはみ出しているので
通過するたびにズボンはぐしょぐしょ。なので今回はオーバーズボンを着用してきたけれど
気温は10度以下にはならず、それほど酷い目にあわずに済んだ。

暗いうちから待機して、持参した小さな折りたたみ椅子に腰掛けながらコンビニのおにぎりをほおばって夜明けを待つ。
とても美しい光があたりに満ちてきた。
c0065410_23110072.jpg
SONY α9 & FE 24-240mm 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


私の後からやってきたカメラマンがひとり、ちっとも焼けないとか何とかいいながら
じきに引き上げていった。きっとこういう光や色が見えないのかもしれない。
派手に雲が赤く焼けてくれなければつまらないのだろう。

また広い湿原に一人きりになり、どこかにいい光が入っていないか探し回る。
岸辺に1本光のラインが入る。どうしてここだけそうなるのかよくわからない。
わからないけれど、きれいだった。
c0065410_23110762.jpg
SONY α9 & FE 70-300mm


今回雄国沼に持っていったカメラはFUJI X-T30とSONY α9の2台。
三脚はGITZOのトラベラーで細いものを1本。レンズも最小限にして重量を押さえ、機動力重視。
FUJIも独特の発色をして喜ばせてくれるけれど、SONY αもまた他のカメラでは得られない世界を見せてくれる。

そういえば、GITZOのカタログを見てたら、SONY α専用のトラベラー三脚というのが発売されていた。
カメラプレートがαにぴったりとしてねじれないで済むという。
GITZOから専用機が出るということはSONY αシリーズもメジャーになったということだな。
ただ、値段を見てびっくり!ずいぶん高くなったものだ。
一度買えば一生使い続けられるモノとはいえ、踏ん切りをつけるのは大変だ。




by nontan91 | 2019-05-31 23:55 | SONY α9 | Comments(6)
Commented by SAKURA at 2019-06-01 22:13 x
以前に五色沼に出かけたときに、この沼の存在を知りました。一度は行ってみたいものです。クルマの通行規制もあるんですね。一日、三脚をしょってこういう光景を探すのもいいだろうな~と羨ましく思っています。
Commented by Masa_ls at 2019-06-03 18:08
雄国沼もうしばらく行ってません
行ったとしてもニッコウキスゲの季節だけでしたが
水面を風が渡る光景、大好きで私も良く撮ります
静けさが良く伝わってきます
午前3時・・・もうあきまへん~^^;
Commented by minton at 2019-06-03 19:37 x
いい色。その時にしか見えない光。
それを美しいものとして感じられるかどうかが、こういう写真を写せるのかどうかっていうところになるんですよね。
僕もぼんくらなので、もっと感じていればなと思うことが最近あります。
のんたんさんの光を待つというところを見習いたいと思います。
Commented by nontan91 at 2019-06-05 00:14
★SAKURAさん>

こんばんは~^^
そうなんです、この時期は通行規制がありまして
マイカーは麓の駐車場においてシャトルバスに乗らないといけません。
道がとても狭くてすれ違いもままならないので当然の措置なんですけどね。
ニッコウキスゲが咲いている期間だけですが、7月まで続きます。
Commented by nontan91 at 2019-06-05 00:18
★Masaさん>

おばんです~^^
よくそちらから雄国沼まで行かれましたよね、
遠いのにご苦労様でした。シャトルバスは好きな時間に動けないので
いつも通行規制の直前に出かけることにしています。
ニッコウキスゲは影も形もありませんが、ご覧の通り
まだ人もいない静けさがご褒美です^^
なあに、夜中に着くようにして出かければいいんですよ、
車の中で仮眠すれば(笑)
Commented by nontan91 at 2019-06-05 00:22
★mintonさん>

こんばんは~^^
こういう夜明け前の光ってきれいなんですよね~^^
いつもは山の上から撮るのですが、今回は暗いうちから
沼のほとりに下りて待機していました。
これは釣りと同じで自分はここと決めた場所から動かずに待っている釣り方で
良さそうなところを次から次へ場所移動する人とは違うんですが
動いた方が良かったということはたくさんあります(笑)
<< ライカの遺したイスタンブール ... 気分はハッセル、花を撮りに行く... >>