2015年 08月 09日 ( 1 )
アンドロメダの夜 the night of Andromeda #OLYMPUS OM-D E-M5II
新潟祭りが終わると、そろそろ秋風が吹く。
そういえば立秋を過ぎたのだ。

日中のジリジリ暑いのは同じ。
でも朝夕の風はどことなく涼しい。
c0065410_15524770.jpg
画像クリックで拡大できます OLYMPUS ON-D E-M5II & 14-150mm
新潟祭りは1980年頃までは8月22,23日に行われていましたが、台風などで順延になることが多く、
いろいろ不満が出たらしく、現在では8月の第1週を過ぎた最初の金土日に開催されています。
c0065410_1683290.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
大民謡流しは金曜の夜ですが、これが土日にすると企業からの出席率が悪いためだとか。
お祭りには仕事を休むものです!(笑)
c0065410_16155489.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
花火といえば新潟には他に有名な花火祭りがあり、新潟は少し肩身が狭いです。
花火は最終日の夜と決まっており、50万人くらいの人出がありますが、翌日が月曜日のため
終わった後飲みなおしが出来ず、また私も帰ると夜中になるので週初めの仕事を考えると
毎年いまひとつ盛り上がれない感じがします。
c0065410_16324516.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
そういった私の事情を配慮してくれたわけでもないのでしょうが(笑)最終日の花火の一部を二日目に
音楽つきの花火ショーとして、以前の打ち上げ場所の八千代橋付近(ほとんど萬代橋に近いのですが)から
打ち上げてくれるようになりました。ただ分散されたため、短くなり、あれ?もう終わっちゃったの?
みたいになった感じは否めません。
c0065410_16395347.jpg
OLYMPUS OM-D E-M5II & 14-150mm
さて土曜日の花火ショーを終えて家路につくと、思いのほか星空が綺麗だったので
そのままいつもの星撮影場所まで移動、急にアンドロメダが見たくなったので、赤道儀の準備をしていたら
いきなり雲が出現! あっという間に広がってきたのであわてて固定撮影に切り替え。
目視が出来ていたわけではないですが、カシオペア座(写真グレーの実線)の位置を確かめて
だいたいこの辺にいるだろうと見当をつけ数枚撮る。
ペルセウス座流星群のかけらでも、と思いましたが、そうは問屋が(笑)
c0065410_16594222.jpg
最後の一枚のみPENTAX645Z と33-55mm F4.5です。
中央右上に赤い矢印をつけましたが、アンドロメダ大星雲 M31が写っています。
見かけの直径は満月5個分ほどもあるのだそうです。いつもホントかいな?と思うのですが(笑)
我々の銀河系、天の川銀河のほんのお隣ですが、250万光年の距離にあります。
しかしながら、この二つの銀河は秒速300kmで接近中で、40億年後には衝突すると予測されています。

35mm換算で43mmでの固定撮影、ISO3200 15秒です。
このあと全天雲に覆われて何も撮影できなくなり退散。
by nontan91 | 2015-08-09 17:41 | E-M5II | Comments(8)