カテゴリ:未分類( 142 )
ネオワイズ彗星 NEOWISE
貴重な梅雨の晴れ間のネオワイズ彗星。
ネオワイズ彗星 NEOWISE_c0065410_00271152.jpg
XT30 & 18-135mm
ネオワイズ彗星 NEOWISE_c0065410_00271768.jpg
X-T4 & XF100-400mm
ネオワイズ彗星 NEOWISE_c0065410_00272552.jpg
X-T4 & XF100-400mm
ネオワイズ彗星 NEOWISE_c0065410_00273077.jpg
X-T30 & XF18-135mm

2020 07 16 撮影

by nontan91 | 2020-07-17 00:30 | Comments(0)
久しぶりに雄国沼
コロナ以来初めての越境。
朝焼けの夜明け。6月7日。
久しぶりに雄国沼_c0065410_00275344.jpg
FUJIFILM X-T30 & XF10-24mm F4

by nontan91 | 2020-06-10 00:29 | Comments(8)
北の国から
ちょっと遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
だいぶ遅くなりましたね(笑)

しばらくブログは休止状態ですが、こちらは元気でやっております。
北海道へ行ってきましたが、やっぱり雪はほとんどありませんでした。
ただただ冷たい風が吹いていました。
北の国から_c0065410_22065500.jpg
FUJI X-Pro3 & XF100-400mm F4.5-5.6

by nontan91 | 2020-01-19 22:10 | Comments(3)
私たちのまなざしとその記憶 7人展のお知らせ
ついにこの写真展も10周年を迎えました。
いつもの砂丘館で10月17日(木)から10月20日(日)。
時間は朝の9時から夜の21時まで。
ただし、19日(土)はきっと参加者や来訪された方と親睦を深める「新潟ナイト」が
あるに決まってますから、夜は若干早く会場から引き上げることになると思います。

私は平日は仕事を終えてから19時頃から21時まで。
また土曜日は14時過ぎから新潟ナイトまで、
日曜日の最終日は9時から18時まで在廊する予定でおります。
私たちのまなざしとその記憶 7人展のお知らせ_c0065410_20290571.jpg
私たちのまなざしとその記憶 7人展のお知らせ_c0065410_20291458.jpg

by nontan91 | 2019-09-19 20:30 | Comments(3)
積丹を行く Shakotan, Hokkaido #FUJIXPro2
風雪に耐えて
今年の幕が開きます。
積丹を行く Shakotan, Hokkaido #FUJIXPro2_c0065410_21363167.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm


積丹町、美国港の猫たち。
積丹を行く Shakotan, Hokkaido #FUJIXPro2_c0065410_21363885.jpg
XF 18-135mm

顔つきが似てるから兄弟かな?
マイナス3度。
積丹を行く Shakotan, Hokkaido #FUJIXPro2_c0065410_21364441.jpg
XF 18-135mm


前日に立ち寄った小樽のJAZZ喫茶の常連さんから、
「オレの嫁は美国の出身なんだけど、いいところだから寄ってみな。」
と聞かされて、前回は訪れてなかった美国へ行ってみた。

N潟は海岸線にはあまり雪が積もらない。
このあたりは海岸のすぐ後ろが山なので、日本海を渡ってきた雪雲はそれにぶつかってかなり雪を降らせる。
トンネルが整備されたのはいいが、そのために以前は除雪されていた海岸沿いの道路は雪のため通れず
行くことができなくなった場所が多くなり、何度も立ち往生してしまった。

by nontan91 | 2019-01-03 21:58 | Comments(7)
7人展、ただいま開催中!
あと残り2日しかありません。
お早めにどうぞ(笑)
砂丘館です。
7人展、ただいま開催中!_c0065410_01130736.jpg
土曜日は新潟ナイトのため、19時過ぎには会場を後にします。
日曜日は朝9時から夕方6時まで。

15日(土)は私は14:00過ぎから会場におります。
16日(日)は09:00より夕方18:00まで在廊予定です。


by nontan91 | 2018-12-15 01:22 | Comments(0)
7人展のご案内 
今年も砂丘館でやりますよ~!
新潟ブロガーの奮闘ぶり、ぜひご覧ください。

2018年12月13日(木)~12月16日(日)まで。
時間は朝の9時から夜の21時までです。
会期は短いのですが、一日は長いのです。なんと!12時間。

私は13日、14日は夜の19頃から、21時まで。
15日(土)は14時過ぎから在廊いたします。
最終日は9時から終了時間の18時まで在廊予定です。
7人展のご案内 _c0065410_22170204.jpg
7人展のご案内 _c0065410_22170841.jpg
上のDMはまだ全員の分が載っかっていなかったときのものです。あしからず!

出品予定を一枚だけ内緒でお見せしておきますね。
7人展のご案内 _c0065410_22390468.jpg
ベトナムのホイアンで撮ってきたものです。
日の出前から散歩して見つけて、これは撮って帰らにゃいかん、と。
展示物の内容ですか? そんなもの、ありゃしません(笑)

今年のテーマは、いかに美しくプリントし、見て楽しいものに仕上げるか?ただそれだけです。
この1年に撮りためたものから、いろいろ選んでみました。

写真を見て何を訴えているのか?とか、写っているもの以外に何を感じるのか?など
そんな込み入った話など、どこにもありません。

きっと他のブロガーさんたちは何かもっと高尚なことをたくらんでいるに違いないのですが
私の作品は見たままで、会場の導入部の役割を何とか果たそうと毎日写真のセレクトに悩んでおります。

実は自分も仲間の写真を早く見てみたい、と思っているのです。
毎年素晴らしい作品が出てきて、身内ながらすっげぇな~と感じる写真が山ほど展示してあるんですよ。
自分には写せないもの、見えてないもの。人の写真を見るのは楽しいものです。



by nontan91 | 2018-11-06 23:11 | Comments(4)
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9
なにやら面白そうなレースがあるから、と
たまらさんと一緒に間瀬サーキットへやってきました。

なんでもドリフトでコーナーを駆け抜ける競技のようです。
ルールも知らず、何をどうやって見たらいいのかもわからずやってきましたが、
その迫力に圧倒されました!!!
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9_c0065410_22130463.jpg
SONY α9 : FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS  画像クリックで拡大できます Click to enlarge

朝から晴天の間瀬サーキット。
メインスタンド前の大きなコーナーをドリフトで駆け抜けます。
実はここで抜きつ抜かれつの大バトルがあるものと信じていたのですが
どうも違うらしい?
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9_c0065410_22132121.jpg
FUJI GFX 50S : GF 23mm F4


コーナーの入り口から出口までを以下に速く美しく四輪ドリフトで駆け抜けるか?
というのがこの競技、「D1」シリーズの中のLightsという格付けの国内大会。
その第一回大会がこの新潟の間瀬サーキットで開催されました。
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9_c0065410_22132621.jpg
FUJI GFX 50s & GF 32mm F4


どうやら採点は車にGPSや角速度計などを取り付け機械的にやるらしいです。
コーナーへの進入速度、ケツの振り出し、ドリフトの安定性、長さ、ダートに足を落したら減点とか。
単走と、2台で走る追走というのがあるのですが、サイドバイサイドで入ってきて接触したら減点、失格とか、
いろいろルールがあるようですが次回までに覚えておきたいと思います。
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9_c0065410_22133643.jpg
FUJI GFX 50s & GF 23mm F4


久しぶりの流し撮り。
最初は外すのが怖くて速いシャッター切ってましたが、そのうち慣れてきて最後は1/60秒まで落すことができました。
たまらさんが車を撮っていたのは知っていましたが、まあ、いい勝負が出来るだろうと楽観視していたのですが
撮った写真を見せてもらって唖然! 何でこんなのが撮れるの???

話をよく聞いたら、シューマッハなんてまだガキの頃から鈴鹿でF1撮ってて
F3000やその他もろもろ、しまいにはオーストラリアのアデレードでF1見てきたという猛者、いや猛女だったことがわかりました!

キャリアが違います。参りました!
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9_c0065410_22140146.jpg
SONY α9 & FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS

家に戻ってすべての写真をやっと今日HDDに移し終えました。
それほどの枚数だったのです。まだ全部見終えていません。

まるでこの日のために手に入れたようなα9(笑)
Lock on AFにするのを忘れてて、どうも時々AFが外れるなぁ?と思ってたんですけど
おおむねピントは良好です。連写より一発必中の方がいい写真撮れてるようですが
1台1台コース取りもスピードも違うのでファインダーぎりぎりに入れて撮るのはえらい大変でした。

高速連写だと秒間20枚! ですが中速にして撮ってみたところ
コーナーの入り口から出口までに約50枚!
しかも電子シャッターで音もなく、ブラックアウトもなく撮れてしまうのですから
キャノン、ニコンはがんばらないと東京オリンピックではシェアが奪われてしまうかもしれませんね。
夏草や つわものどもが 夢の始まり #SONY α9_c0065410_23194299.jpg
SONY α9 & FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS


日焼けひどいです。
ろくに日焼け止めも塗らないで撮ってたものですから
子供の頃海水浴に行ったあとの日焼けを思い出しました。
春の紫外線はキツイデスね。

まだまだこれから出しますよ~
って他のもあるんだけど、困ったな。







by nontan91 | 2018-05-29 23:55 | Comments(6)
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2
やっと風邪が抜けてきて気分も上々。

56mmを一本だけ持って日の当たる場所へ出かけることにしました。
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21033350.jpg
FUJI X-Pro2 & FUJINON XF 56mm F1.2 R APD (以下同データ)画像クリックで拡大できます Click to enlarge


この56mmはF1.2という明るさがあってしかもピント面の写りは素晴らしく切れがある
素晴らしいレンズだったんですけどね、背景によっては2線ボケが目立って使い物にならないこともあったので
APDという特殊なフィルターを装着して美しいボケが得られるようにした、いわば56mm F1.2 MarkIIというべきレンズが開発されました。
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21033925.jpg

APS-Cサイズ用のレンズですから、35mm換算では85mm F1.8位に相当するんじゃないかと思います。
しかし、このAPDフィルターをレンズ内に組み込むことによって85mm F1.4くらいの写りは十分得られるようです。
ボケが格段に美しくなりましたね。今や「ボケ」はBokehと英訳されるほどレンズ評価の重要な要素となっています。
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21055723.jpg

そもそもがポートレート専用レンズのように巷では言われていますが、とんでもない!
わたしゃこれで女の子なんか撮りませんよ、だいたいモデルがいないんですけどね(笑)
85mm F1.4の最高峰はZeiss Planar 85mm F1.4かもしれません。実際に使っていますがMF専用なので
紙一枚のピントを得るためにフォーカスリングの回転量が大きく、ぐるぐる回さないといけないので、とてもスナップには向きません。
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21051103.jpg

スナップも風景も、ということになると素早いAFが必要になってきます。
そうなると実用的にはSONYのFE 85mm F1.4 GMあたりが一番いいかな?
写りも最高だし、是非そのうち使ってみたいのですが問題はその大きさと重さ(笑)
感覚的には70-200をつけているよう(笑)とてもぶらぶら持ち歩けるような気軽なレンズではないのです。
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21053447.jpg

そこで、このレンズ。
FE85mm F.4GNの半分の重さ。
FUJINONですから写りが悪かろうはずもなく。
積極的に外に持ち出してみたくなります。
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21044620.jpg

F5.6まで絞ればこんな感じ。
切れがいいのでグッと絞って風景写真もいけそうです。
このところFUJIFILMのカメラの出番が増えていますが、早い話、年取って重たいのは持ちたくないということですね(笑)
ある晴れた日に XF56mmF1.2APD #FUJIXPro2_c0065410_21052659.jpg
昔はレンズは少し絞って使うものだと教えてくれる人が多かったのですが
それは開放付近の写りが甘かったからですね。現代のレンズは開放からキリリというのが当たり前になっていますから
積極的に開放で使ってみるのもいいかもしれません。

このレンズには最初っから3段分のNDフィルターが同梱されていますので、真っ昼間にも
使ってくださいというFUJIFILMのメッセージが込められているのでしょう。
電子シャッターを使えばX-Pro2では1/8000のシャッターが切れますからNDフィルターは必要ないのですけど
そこまでの速いシャッターを持ってないカメラもあるわけですから。











by nontan91 | 2018-05-21 22:52 | Comments(4)
スコール Hoi An,La Cité antique V #FUJIGFX50S
ホイアンのランドマーク「日本橋」
Wikipediaでみると1593年に日本人がこの橋を架けたことになっています。
このころ朱印船貿易で日本人がかなりこの地へやってきていたらしく、日本人街と中国人街を結ぶ橋だったらしいです。
大晦日の夜、とても綺麗にライトアップされていましたが三脚は今回持っていかなかったので
手振れで実は拡大するとぶれています(笑)
スコール Hoi An,La Cité antique V #FUJIGFX50S_c0065410_21430329.jpg
FUJI GFX 50S & GF110mm F2


朱印船貿易では354通の朱印状が発行されたようですが、その約1/4にあたる86通が
このベトナム(当時の広南国)のホイアンでの交易に使われたという話です。
それだけこの地にやってきた日本人が多かった、ということですね。
大きな鳥居まで立っていました。
スコール Hoi An,La Cité antique V #FUJIGFX50S_c0065410_23342769.jpg
GF 110mm F2


大晦日の雑踏の様子を撮りにいこうと、ちょっと眠かったのですが
夕飯を食べてからナイトマーケットに出かけました。
いろんなところをまわって思ったのは、どこの国でも夜遅くまで安心して食べて飲んで遊べる店があるということです。

日本では9時過ぎてからまともな食事をしようと思っても店が見つからない。
先日NHKでもやってましたが、浅草で外国人が腹が減ったので9時過ぎに食事をするところを探したが見つからず、
1時間以上歩き回ってやっとご飯を食べられたという様子を放映していました。
昼間はアレだけ賑わっているところなのに、夜はガラガラ。
コンビニとラーメン店だけではねぇ。
スコール Hoi An,La Cité antique V #FUJIGFX50S_c0065410_21431208.jpg
GF 110mm F2


海外ではコンサートやオペラなども夜の8時、9時から始まることが多いです。
それなら夕飯食ってからでも間に合う時間。バスや電車だって週末は一晩中走ってたりする。
日本だと開演は遅くとも7時。N潟だと5時半なんてのがある。
仕事終わったって間に合わないだろ?コンサート終わっても食べるところが無い。
もうちょっと考えて欲しいものだけど無理なんだろうね。
スコール Hoi An,La Cité antique V #FUJIGFX50S_c0065410_21431818.jpg
GF 110mm F2


とかなんとか考えているうちに突然雨が降ってきた!
宿を出たときは月が出ていたのに!?
あまりの雨で外に入られなくなりみんな軒下で雨宿り。
さすが南国。一日に一度はこんなことがある。


by nontan91 | 2018-01-29 00:17 | Comments(6)