カテゴリ:未分類( 138 )
雪の日 Snowy morning : PENTAX67II
路肩に二台ほど車が落ちていた。

そんな朝だった。

海岸沿いを走る113号線は、信号の少ない裏道としてトラックが沢山通る。
降ったばかりの雪は押しつぶされ、海岸から吹き付ける風で氷となる。
思いっきりABSが効く、止まれない!前の車も後ろの車も緊張しっぱなし。
c0065410_19524646.jpg
画像クリックで拡大できます
家を出るときは雪が降っていたが、海岸に出た頃には天候が回復しつつあった。
雲が飛ぶように動いていく。

午前7時。
中村浜付近。

PENTAX67II : 55mm : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2014-01-19 20:00 | Comments(14)
壁 the Wall : DP2 Merrill
昨年末に写真を撮ることが面白くなくなって、しばらくシャッターを切らなかった。

いつまでたっても回復しないので、このまま写真と縁が切れてしまうのかな?

本気でそう思っていた。

ところが旅に出てこんなところに立っていると、ああ、シャッターを押したいな~という気分が盛り上がってくるではないか。
転地療養とはよく言ったものだ^^
c0065410_23525092.jpg
画像クリックで拡大できます
何が違うのかよくわからないけど、とりあえずシャッターが押せるというのはいいことだが、
旅を続ける間にすっかり回復したのかというと、そうでもなく、カメラをしまってただ歩いていることも多かった。
ほとんどはDP兄弟、Ariaで銀塩を使いながらリハビリを続けた。
c0065410_0222969.jpg
その結果、今では休みになったら何を撮ろうか?と以前のように考えることが出来るようになった。
N潟の冬、雪の冬、ときたら撮るのはアレだな、とか(笑)
あ~、よかった^^

SIGMA DP2 Merrill
by nontan91 | 2014-01-18 00:53 | Comments(14)
西の果てより
今年の充電の最後の仕上げです。

今、リスボンにいます。

乗り継ぎも含めて、ほとんど丸一日かかりました。

やっと撮りたいものが見つかってほっとしています。
c0065410_3473861.jpg

海風に吹かれながら坂の街を歩くのは最高です。

これをきっかけに心身共にリフレッシュして新年を迎えたいと思います。

休止中にもかかわらず、訪れてくれた皆様、ありがとうございました。

来年は頑張りますよ〜(笑)

機材はDP3兄弟とM、MM、そしてContac Ariaとフィルム一杯です^_^

ですがとりあえずiPhone 5sの画像をアップしました(笑)

新年は皆様にとっても良き年でありますよう西の果てから祈念しております。
2014年も宜しくお願いいたします!

のんたん
by nontan91 | 2013-12-31 03:21 | Comments(22)
幻の太陽 #PENTAX645D
夕方になって海岸へ行く。
期待したほど夕焼けることもなく、太陽が沈んだあとの小焼けもごく小規模。

さて、帰ろうか、暗くなったし。

荷物をまとめて、ふと後ろを振り返ったらまた空が赤くなっている!
え?
三度目の夕焼けが始まった!

雲の一部が異様に明るい。
まるで光の柱が天上に伸びているようだ。
とっくに太陽は沈んでいるのに、あたかも雲の後ろに太陽が輝いているようだった。
c0065410_21354542.jpg
画像クリックで拡大できます
長年ここで不思議な現象を撮ってきたけれど、こんなのは初めてだった。

いいモノを見た、ということと同時に、やっぱりこの地球に何か起こりつつあるのかな?
と複雑な気持ちで家路に着いた。

藤塚浜で。後ろは佐渡です。


今日のBGM。

ベートーベンのピアノ協奏曲第3番。
1951年にフルトヴェングラーがロンドンフィルを指揮。ピアノはエドウィン・フィッシャー。
モノラル録音であることも忘れて聞き惚れる。

フィッシャーがSP時代に残したバッハの「平均律」はまさにバイブルであって、これを越えるものはないかもしれない。
ま、グールドは別だ(笑)

PENTAX645D : 150-300mm
by nontan91 | 2013-08-26 22:24 | Comments(14)
緊急!
先ほど私のhotmailが乗っ取られたらしく、
私の名前でメールアドレスにある全員にスパムメールが送られた可能性があります

現在捜査中ですが、メールの中のリンクは絶対にクリックしないでください!

どことリンクしているものかわかりません、危険ですからクリックしないで下さい!

ご迷惑おかけして申し訳ありません。
ツイッターをみると数件、この24時間に同じようにhotmailから同じような
被害にあった方がいるようです。ひょっとするとMSNがやられたのかもしれません。
あるいはデータ流出によるものかもしれません。

ツイッターでは世界中に広がってるみたいです!!(21:45 追記)
hotmailを使用している方、ご注意あれ!

よろしくお願いいたします!
by nontan91 | 2013-07-24 20:25 | Comments(6)
小さな渓谷で in a small valley #DP3
剣龍峡。

とってもとっても小さな渓谷です。
ウサイン・ボルトならきっと3秒で駆け抜けてしまうでしょう(笑)

初めて来た人は「えっ?これでおしまい??」というかもしれません。
でも自分にとってはたくさんの教えを受けた聖地なのです。
c0065410_2041349.jpg
画像クリックで拡大できます
ブログを始める数年前から足繁く通いました。
雨の中でも、月明かりの中でも撮っていました。
何を撮ったらいいのかわからなかったのに、そのうちに自然が教えてくれるようになりました。

「ここ撮ってみろよ」って言ってくれるような気がしたのです。
そうしたら突然いろんなものが見えはじめてうれしかった。

今日も天気予報を見て絶対に晴れると確信して、コンフェデカップのブラジル戦前半を見てから出かけました。
小雨の中撮影していたら、いつの間にか太陽が昇り、気温が上がってもうもうと水分が蒸発していきます。
湿度100%!の中で撮影しました^^

水溜りの中には見るのもおぞましいボウフラがわんさか動いていますから、じきに撮影がしんどくなるでしょう(笑)

SIGMA DP3 Merrill
by nontan91 | 2013-06-16 21:22 | Comments(12)
北へ帰る #Leica R 6.2
デジタルのモノクロームもいいが、
北へ帰るときは、やはりフィルムでなければならぬ。

撮れたかな?
撮れたに違いない、という感触だけを残して列車に乗る。
あとは数日経ってから、結果がわかるのだ。
c0065410_22115421.jpg
その間に、きっとこんなふうに撮れているんじゃなかろうか? と妄想が膨らむ。
そんな妄想がさらに出来上がりに磨きをかける(笑)
c0065410_2220387.jpg
逆に、ダメだったな? と思っていたものが現像すると生き返ったり。
その場で結果がわからないと言うことは、よくもあり、悪くもある。
でも、その感覚がとても好きだ。
c0065410_22323243.jpg


またフィルムが一つ消えたという話が伝わってくる。

Leica R 6.2 : ELMARIT-R Macro 60mm F2.8 : Kodak 400TX
by nontan91 | 2013-02-21 22:34 | Comments(6)
とびっきりの  フィルムでなければならない理由 II
市内に小出というところがあります。
この名前がつくところは、たいていが山の中で豪雪地帯と決まっていて、
この地区もまさにその雪の降り積もる山里なのです。

7~8年前から夏になるとここでソーメン流しをやっています。
まだジリジリと夏の日が照りつける3時過ぎから始まるので、暑いからイヤだ、と言うのに
来ないと、小出のコスモスは撮影させないぞ!と(笑)
c0065410_17485759.jpg
画像クリックで拡大できます
だいたい、人の笑顔を撮るというのは得意ではないのです。
愁いを帯びた瞳に魅せられて、フッとレンズが向いてしまう、というのが私の感性(笑)

通りすがりの人の笑顔を撮るなどという恐ろしいことは私にはとても出来ません。
これができちゃう人がいるんですよね~Y様とか(笑)
c0065410_17574689.jpg
それは、さておき。
知らない人でも、こっちが乗ってきて、向こうも乗ってくれば話は別です。

「カメラマンのおじちゃん、撮って~!」
他に一眼レフを持っている人がいても、それはカメラマンではないのです。
子供心にもF3は特別なカメラということがわかるのでしょうか(笑)
それともしばらくつきあって、人畜無害ということがわかったのでしょうか、
とびっきりの笑顔を見せてくれるようになりました^^
c0065410_1831486.jpg
この日は、仕込から片づけまで、すべて男衆がやります。
村の女性と子供たちは、この日ばかりはお客様^^

自然の傾斜を利用して、みなU字溝に腰掛けてソーメン食べたり、ビール飲んだり、
とれたてのオクラやミョウガやナスを焼いて食べたり、ソーセージ焼いたり、と大掛かりなバーベキューですね^^
c0065410_18113846.jpg
信頼関係が築かれたところで、こちらもとっておきの、サンニッパを取り出します。
さすがにこいつを振り回す腕力はなくなってきたので、Scottさんゆずりの一脚をつけますが、
これが暑さで金属が膨張して滑らなくなり、グリップを握ってもスライドしてくれない!

もう汗だくで、シャツからパンツまで濡れ雑巾状態。
それでもフィルムを出しついでに新潟へ。

餃子のO将のラーメンセットを食べて家に帰りました。

F3 : ED Nikkor 300mm F2.8 : Kodak Ektar 100
by nontan91 | 2012-08-26 18:28 | Comments(10)
雨上がり : この夏、第3回七人展のお知らせ
久しぶりの雨で山の方へ出かける。
三川インターで降りて、阿賀野川沿いに右岸左岸と道を変えながら津川へ向う。

残念ながら雨は早朝だけで上がってしまったが、天候の変化で様々な風景を見ることが出来た。
c0065410_23333490.jpg
画像クリックで拡大できます

この夏、7人展は、三たび開催されます!

七つの物語が始まる

七人が見たもの、失ったもの、記憶はカメラを通して語る物語。
混沌で始まったこの写真展は、七人のまなざしが重なり合い、
それぞれの個性がシンフォニーを奏でるようにひとつになってきました。

いつもそこにあるものを見つめる写真たち。
それは記憶の中の物語を想い起こしてくれることでしょう。

是非その物語をご覧になってください。
c0065410_2345399.jpg
三度目、ともなると皆さん少し作風を変えて、新しい試みに挑戦されているような気がします。
私も、今回は少し実験的に、今までとは雰囲気の違うものを、と考えております。
それがうまくいくかどうか、まったくわかりませんので、一人で勝手にプレッシャーになっております(笑)

私は8月11日(土)の午後2時頃から、12日(日)、13日(月)と14日最終日まで会場に詰めております。
皆様、ぜひお立ち寄りください!

F3 : Nikkor 55mm F1.2 : ILFORD XP2 400
by nontan91 | 2012-06-13 00:33 | Comments(12)
黄昏奇譚
予想以上に仕事が長引き、夕焼けは撮り損ねた。
疲れ果てて夕食をとる気力も無かったので山へ向って車を走らせる。

せめて空に明るさが残っている時間にここへ着きたかった。
遅い桜が咲いている。標高を少しずつ上げていくと、散りかけから満開へ、
そして7分咲きから3分咲きへと変化していったが、もう光がなくなって撮ることが出来なくなった。

それでも、小さな農道で粘っていると、不思議な時間帯が訪れた。
水を張った田んぼ、外灯に照らされた農地、かすかに残った夕暮れの明かり。
迫りくる黒雲、空には三日月。

全てを写しこむために露出を13秒に設定した。
当然ただの「勘」だ(笑)
c0065410_21542523.jpg
画像クリックで拡大できます
今日の一枚、山内。

D800E : AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G
by nontan91 | 2012-04-27 22:35 | Comments(8)