カテゴリ:GFX50S( 43 )
伊藤邸の藤が満開 #wisteria flowers on the water#GFX50S
北方博物館、伊藤邸の藤の花が満開という話が2,3日前に伝わった。
その後、強い風が吹いたのでみな散ってしまったかと思っていたが、まだしっかりと残っていた。
今週末までは十分大丈夫かな?
c0065410_23431944.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

いつもは裏の大駐車場に停めて西門~中門から藤の花を見に伊藤邸に入るのですが
今回初めて普段は使わない正門である大門からの入場となります。
なので、大駐車場に停めると結構歩かないといけません。
途中の黒塀などライトアップしているので、それなりに楽しいのですが、今日のように雨が降ったり
足腰の弱っている方にとっては負担になりますので両方から入られるようにしていただければありがたいのですが・・・


今日の一枚は
ベートーベンのヴァイオリンソナタ第5番「スプリング」

D.オイストラフとL.オボーリンの演奏で。
いつ誰によって名づけられたかは不明ですが、この曲は「春」と呼ばれるようになりました。
確かに出だしこそ「春」のうららかな雰囲気に満ちていますが、途中からは春一番、春の嵐、
まだまだ本当の春は来ないんだよ、と言われているようで、初夏に近い春というより
3月初めの三寒四温、まだ厚いコートが必要だけれども暖かい日もあるという春の兆しを歌ったものという感じでしょうか?

多くのレコードがありますが、何といってもオイストラフのヴァイオリン、オボーリンのピアノ、この二人で作り出した名演奏は誰も超えることができません。



by nontan91 | 2017-05-10 23:59 | GFX50S | Comments(4)
古都幻想 Nara, ancient city #GFX50S
奈良は修学旅行以来一度も訪れていなかった。
ところが、大仏もみんな見たはずなのに、その記憶がない。
実際に東大寺を歩いて南大門を見ても、大仏殿に入ってもその当時のことは蘇ってこない。
ただ先日TVで見た記憶だけが脳裏に浮かんでくる。

本当に奈良に来たのかさえあやふやになってしまっていた。
c0065410_00343291.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4

朝3時に起きて4時前には春日大社にいた。
暗い中、どこが本殿かもわからずうろうろしながら撮影を続ける。
やっと明るくなったところで鹿が出迎えてくれて大社の本殿へと導いてくれた。


Twitter仲間には大変お世話になった。
もちろんGWはそれぞれ別の場所へ取材に出かけてすれ違い。
それでも電波が仲間をひとつにしてくれる。
その場にいなくともいろんな情報を教えてもらえるのはありがたい。

お土産も、あれを買え、これを買え!(笑)とtwitが飛び交う!
おかげで袋一杯のお土産をぶら下げることになり、指がちぎれそうだった(笑)


by nontan91 | 2017-05-06 00:53 | GFX50S | Comments(8)
ワタシをカモメと呼ばないで #GFX50S
佐渡汽船のカーフェリー「おけさ丸」に乗って両津港へ向かいます。

年に二回くらいは佐渡へいきますね。
ところがN潟県民でも佐渡へ行く人はそれほど多くありません。
近すぎるのであえて出かけることもないということなのでしょうか?

天候が許せばフェリーに乗っている間、かっぱえびせんでカモメと戯れています。
いや、正確にはカモメではないですね。わかっていてもカモメと呼んでしまうのですが、
みなさんがカモメ、カモメと呼んでいるのは実はカモメではなくウミネコだったりすることをご存知でしょうか?

いてて!
ワタシの指まで持っていこうとしているこの鳥もウミネコなんです。
c0065410_23050547.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4


ウミネコの特徴はくちばしの上嘴、下嘴ともに先端に黒い模様があり、さらに最先端には赤い色が入っています。
尾羽の先端に黒い帯が入っているのも特徴。足の色が黄色。目の周りの赤いアイリングも特徴だとする文献もあれば、
そのことには全く触れていない文献もあるのでどちらか判断はつきません。
ま、だいたい尾羽と嘴の色で見分けをつけるようです。
c0065410_23053481.jpg

カモメもウミネコも同じチドリ目カモメ科ですから同じようなものですが、
いやいや、それは違いますね~人間だって関西人と関東人はあれだけ違うわけですから、同じ人間としてひとくくりに扱うわけにはいかない(笑)
カモメもウミネコも同じといっては怒られます^^;

普段は可愛いと思えるウミネコもこうやって精密に瞬間を捉えてみると猛禽類と同じような獰猛さを持っているように思えます。
ほら、三枚目なんか羽でライバルをブロックしているのがわかりますか?
えびせん持ってる方も実は怖いんです(笑)
c0065410_23054509.jpg

GFXでこんな写真を撮っている人もいないと思いますが(笑)
最短撮影距離の関係で左手は精一杯伸ばしてえびせんを、右手は精一杯後ろに引いて
弓矢をつがえたようなスタイルでノールック置きピンで撮影しています。

AFは役に立ちません、ピントが合った瞬間にはすでに何センチもずれているわけですから、列車の撮影と同じですね。
ものすごい勢いで突っ込んできますから、目で見ていては間に合いませんので、
えびせんを持った指の感触で、来た!と思った瞬間にシャッターを切るのです。これは釣りのアタリと一緒(笑)

by nontan91 | 2017-04-29 23:58 | GFX50S | Comments(16)
大般若会 II DAI-HANNYA-E II #GFX50S
GFXの写真を出さんとは何事だ?
というご指摘があり(笑)急遽第2弾として掲載することとなりました。
詳しいことは前回のものを参考にしてください。
c0065410_22345257.jpg
FUJI GFX50S & GF120mm F4 Macro 横画像はクリックで拡大できます



c0065410_22354780.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro




c0065410_23162001.jpg
GFX 50S & GF 32-64mm F4






本堂に展示してあった襖絵の一部です。
どこかで見たことのあるような物語が描いてありました。
c0065410_22360591.jpg
FUJI GFX 50S & GF32064mm F4




c0065410_22351698.jpg

FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4





c0065410_22365034.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

今日は海の方の婆ちゃんと話をしていたら
「すほんが つこたてば うでいどなった」

???

さすがに私もベテランの従業員もわかりません。
「すほんが」が全く意味不明なのです。よくよく説明を聞いてみると、
四本刃の鍬(クワ)のことのようです。
「しほんぐわ」がなまって「すほんが」
しかも「す」はシとスの中間で「ん」は小さい「ん」。「が」はよく聞くと「ぐぁ」。
四本刃のクワを使って田んぼの代掻きをしていたら、あまりがんばったので腕が痛くなった~そういうことらしいです。

「じゃあ、普通の鍬はなんて云うんですか?」と聞くと

「ひらがー」

なるほど、平らな鍬のことですか!
地元ですから殆どの方言は理解しているつもりですが、まだまだ新しい言葉が出てきます^^




さて、29日は佐渡へ渡ります。
このところいろんな行事の予定がびっしりと入っていて休む暇なし。
フェリーに乗っている間は寝ていられますから何とかなるでしょう(笑)

by nontan91 | 2017-04-27 23:28 | GFX50S | Comments(6)
天王春祭り 風の中の宵宮 The Shinto ritual I #GFX50S#Fujifilm
In every Spring, just before rice-planting season, they hold the ritual praying for good harvest in the Shinto shrine.

いつもの天王春祭り宵宮。
今年は大風が吹き、苗を育てているハウスが破られたところも多かったらしい。
ノボリも立てられず、神社の戸も閉め切ったまま、という異例の祭り。
気温も10度を切ってとても寒かった。
c0065410_21330507.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

進行係の彼は時間も気になるし、外の天気も気になっている。
閉めていた雨戸を開けたら猛烈な風が吹き込んできて閉めるのも大変!
「正面を開けないで裏口から神主様たちに入ってきてもらおうか?」
などと冗談が出るほどの強風と春とは思えない気温の低さ。
c0065410_21340027.jpg
GFX 50S & GF120mm F4 Macro

始まるまでの間、列席の区長さんや氏子総代さんのお顔など撮らせて頂く。
折りしもFujifilmから待望の110mm F2の6月発売のアナウンスがあったばかり。
しかしながら、このマクロで十分以上の写りが得られるのでポートレート撮影の機会が少ない自分は
23mm F4(18mm相当)の方が先になるような気がする。
c0065410_21332974.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

こういうものはみな扇子の上にあげてやり取りする。
直接手で渡すことは無い。不思議な儀式を見ているようだ。
毎年見ているのにいつも新鮮な驚きがある。
c0065410_21334069.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

毎年、と言えば、祭りの役は確か2年ごとに持ち回り。
たいていの方とは顔見知りになっているが、係が変わるとお会いしたことの無い方もいらっしゃるので
地元のAさんが次の祭り役の方に、変なカメラマンが毎年春夏に来るから、と引継ぎをしておいてくれるらしい。
おかげで、お宮にカメラを持って現れても不審な顔をされなくて済む。ありがたいことです^^
c0065410_21340914.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm F4 Macro

あ、この方はAさんではありません(笑)
しかしこの地区の方々はみなさん凛々しいお顔立ちで、ちょっと我々と人種が違うんではないか?と思わざるを得ません。
歴史ある地区に先祖代々お住まいの方は、やはりどこか違うんですね。
c0065410_21335024.jpg
FUJI GFX 50S & GF32-64mm F4

え?
いつもの巫女様はどうしたって?
もちろんいらっしゃいますよ、ますます美しくなられて。
それはまたのちほど登場いたします^^











by nontan91 | 2017-04-21 00:30 | GFX50S | Comments(8)
ぜぇ~んぶ菜の花 福島潟 #GFX50S
朝の4時、暗い中でヘッドランプで菜の花を照らして撮ってみたけど
どうも照度が足りないのでうまくいかず、菜の花は後回しにしてお日様があがるまで待つことにした。

写真はHDRではありません。
画像をあまりいじりたくないので、このところフィルターを使って現場で完成させるようにしています。

福島潟の菜の花はただいま満開中^^
c0065410_22365404.jpg

画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4 + Cokin Half ND (ND4)

水辺から戻ってみると、木の陰に伊藤さんがいたりするんですね~
この天気ならきっと来てるに違いないと思ってましたが、やっぱり早起きです^^
c0065410_22361972.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4

福島潟で満開なのは菜の花だけではありません。
ヒメオドリコソウという、まあ雑草ですが、春の花の中で自分が一番好きな花です。
どこにでもあるんですけどね、これが咲いているのをみると、ああ、春だなぁと思うのです。
朝露がキラキラと光ってるんですね、ホントにきれいな朝でした。
c0065410_22374258.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4

カメラマンは思ったほど来ていませんでした。
きっとまだ菜の花には早いと思っていたのかもしれません。
とにかくN潟は朝晩寒くて花が咲くような雰囲気ではなかったんですよ。
男性はなるべく撮らないようにしてるんですが、この場合は仕方ないでしょう、良い添景になってくれました(笑)
c0065410_22371805.jpg
FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4

ああ、やっぱり女性の方がいいですね(笑)
より美しく撮ってみたいという思いにかられます。
この樹の間に立ってシャッターを押してみたいですよね。
その気持ちよくわかります。私は後ろからそっとシャッターを切ります。
c0065410_22363455.jpg
PENTAX K-1 & SIGMA APO 70-300mm F5.6-6.3

せっかく久しぶりに連れて行ったんだからK-1の写真も入れてあげないと^^
好きなんですよ、K-1の写りも。ただこのままで行くと孤高のカメラ、
CONTAX N DIGITALみたいになっちゃうんじゃないか?と心配しております(笑)
c0065410_22375986.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4 + Cokin Half ND

と、まあこんなところで福島潟の菜の花シリーズはおしまいです。
これだけの菜の花を植えて管理された福島潟の関係者の方々には頭が下がります。
本当にきれいですね、また来年も満開のときにやって来たいものです。


本日の一枚は
グレン・グールドのピアノでバッハのフランス組曲。

ターンテーブルに載っているのはフランスCBS盤。アメリカ盤のやや硬質な音も悪くは無いが
フランス盤の音は柔らかく慈愛に満ちている。しかも音に芯があり理想的なピアノの音がする。
グールド自身はアメリカ盤のほうを好んだのかもしれないが、聴く方としてはこちらの方がずっといい。

お国柄でこうも違うレコードを出すのだから、レコード集めはやめられないわけだ(笑)
もちろん演奏自体も素晴らしいからこうやって比較をしてみたくなるんですけどね。



mizube

by nontan91 | 2017-04-18 21:44 | GFX50S | Comments(10)
黎明、そして日が昇る福島潟 #GFX50S#K-1
日の出が5時8分。

ということは4時には現地についていなければ・・・と逆算して3時に起きる。
寝たのが11時半なので、3時間半しか寝てないがとにかく福島潟へ。

外へ出たときには雲が全天にあり、猛烈な勢いで流れていた。
雲間からはチラチラと星が見え隠れ。
到着したときには雲ひとつ無くなっていた。
c0065410_15154588.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4
三脚を2台セットして待っていると、東の空にわずかにかかった雲の上から赤い光りが肉眼でも見えてきた。
645DやZのような写りではないが、このすっきり感、これはこれで得難いものがある。
なんとかしてもう一度北アルプスあたりへ担ぎ上げることができないか?
トレーニングがいるな・・・年だし(笑)
c0065410_15251293.jpg
FUJI GFX 50S & 32-64mm F4
GFXの問題は長玉の発売予定がないこと。
軽くてコンパクトな200mクラスのレンズが出ないものかと思っていたら、
RAYQUAL(宮本製作所)からGFX対応のハッセルVシステムレンズ用のマウントアダプター開発中!
とのアナウンスがあったので、ものすごく期待している^^
c0065410_15351981.jpg
PENTAX K1 & SIGMA APO 70-300mm F5.6-6.3
それまでは望遠が必要なところでは、このK-1君にがんばってもらう。
リコーがデジカメ部門を縮小するとか言ってるので、すっかり影が薄くなってしまった感があるが(笑)
せっかくいいカメラなのに、K-1で無理したのかな? 必要なフルサイズ対応レンズが出てこない。
いや、あることはあるけれど、バカでかく重たいし、値段も高い。普段使いのレンズをもっと出してくれないと、誰もカメラを買わんぜよ。

そうそう、福島潟では菜の花も満開です。
その写真はのちほど^^
by nontan91 | 2017-04-16 15:49 | GFX50S | Comments(10)
うつろい scene changes #GFX50S
春になったというのに暑くて上着を脱ぐ、という日は殆ど無い。
朝晩はまだまだ寒いので上着やコートのいる日の方が多い。

それでも確実に季節は移っていき、畑を耕してジャガイモを植えたり
ハウスをかけ、苗箱に土を入れ、田植えの準備も着々と進んでいる。
c0065410_20251570.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & GF120mm Macro F4
そういえば、昨年の北海道のジャガイモの不作(台風の上陸による)のため、湖池屋やカルビーの
ポテチが一部販売終止や発売延期が確実になり、残ったポテチの争奪戦がえらいことになっているらしい。
輸入のジャガイモを使ってみたら品質が悪くてダメだった、という話もあり、これから九州産のジャガイモが
出てくるまでは品薄状態どころか、お店にも無くなるだろうという。そうなれば食べなければいいんだけど、
まさか、トイレットペーパー騒動のようなことにはならんだろうね~?
c0065410_20333454.jpg
え?
トイレットペーパー騒動を知らない?
若いねぇ、あなたは(笑)

昭和48年に、原油価格が70%引き上げられて、誰かが紙が無くなる!と言ったおかげで
日本国中の人間がトレペの買占めに走った、という。実際は国内の紙生産は安定していて
足りなくなることは無かったのに、デマで問屋在庫まで無くなったという大騒ぎ。
群集心理というのは怖いものですよ~
by nontan91 | 2017-04-11 21:07 | GFX50S | Comments(6)
4月の朝市 morning bazaar #GFX50S#DPQ1#DPQ3
4月の第一日曜日。
例の沼垂テラスでは初めての試みで外部からの出店を募り
既存の店を含めて60数店が通りにひしめくという、まあえらい騒ぎになった(笑)
c0065410_23275257.jpg
画像クリックで拡大できます SIGMA DP3 Quattro

ただでさえ駐車場が少ないのに、普通の時間に出かけたのでは停めるところもないだろう、と思い
7時前には沼垂に到着した。おかげで屋台の設営段階からその日の様子をすべてみることができた。
c0065410_23322859.jpg
SIGMA DP1 Quattro
カメラはGFXとDP1,3Quattro。
SIGMAは嵌るとすごい、それはわかっている。ただ外れるとどうしようもないので(笑)
嵌りそうな被写体しかシャッターを押さなくなる、これは仕方がない。
c0065410_233714100.jpg
FUJI GFX 50S &32-64mm F4
それに引き換え、GFXの軽快なこと!
AFの精度がとても高いので、並みの一眼レフよりもシャッターチャンスを逃さない。
なによりもEVFの見え方がよくてタイムラグも無く、もうペンタプリズムには戻れない。
c0065410_004160.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
電子ビューファインダーを初めて使ったのは2001年にMinoltaのDiMAGE7が最初。
これがなかなか良くできたカメラで、もちろんその当時最高のNikonの光学ファインダーに
勝てるようなものではなかったが、その可能性は十分に秘めていた。
c0065410_0162988.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
現在のGFXのEVFは光学ファインダーはもういらない、と思わせるのに十分な性能を有している。
なにしろ補正された情報がすべて反映されるんだからこんなに有難いことはない。
もちろん、タイムラグもギクシャク感もない、色もとても繊細だ。
c0065410_0261176.jpg
SGMA DP1 Quattro
使いにくさを考慮しても、SIGMAをやめられないのはKodakのポジカラーを彷彿とさせるような
写真が撮れることで、ひとつのレンズに特化して調整されたDP Quattroシリーズはミラーレス一眼の
sdQuattroよりもずっとお役立ちだと思う。とにかくsdQはEVFの性能が悪すぎる。
この撮影のときも実はsdQを持っていっているのだが、まったくスナップには向いていない(笑)
c0065410_0384377.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
他の人の設営を手伝って自分の店の開店に間に合わなくなった珈琲店の店主。

駐車場は思ったとおり、8時には近辺すでに満車となり、遠くから来た人は停めるところがない。
はるか彼方の万代方面の駐車場に停めて歩いてくる人もずいぶん多かったと聞く。
c0065410_045011.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
確か糸魚川から参加されたカレー屋さん。
作っているのはこれから私が食べる、いのししビンダールカレー。
これが美味しいんですよ(笑)
c0065410_0545965.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
地元テレビもこの賑わいを逃すわけがありません、取材に来ておりました。
私が道路側に座っていて、取材しやすい位置にいたのに、わざわざ後ろに回って
同じカレーを食べている女性の方にインタビューに行くとはどうしてだ?
せっかく何をしゃべろうかと考えをまとめていたというのに(笑)
c0065410_111858.jpg
GFX 50S & 32-64mm F4
そんなこんなで、4時間近く沼垂テラスにいて、最後はわかつきの、とびっきり美味しい
BLTバーガーをお土産にして帰路に着きました。
c0065410_16891.jpg
SIGMA DP1 Quattro
あれ?
もうこんな時間!
すごい枚数をアップしてしまった(笑)

ブダペスト カルテットのモーツアルト四重奏曲集5枚組みのうち3枚を裏表聴いているうちに
いつの間にかどんどん時間が経って、だらだらとアップを続けてしまったらしい。
アメリカ盤は音がギスギスしてとても聴けたものではなかったが、欧州Philips盤はそんなことがなく
とても素晴らしい演奏で時の経つのも忘れてしまう。ハイドンセット+α。バラで揃ったモノラル5枚は宝物。
by nontan91 | 2017-04-09 01:35 | GFX50S | Comments(6)
静かの海 sea of silence #GFX50S
一日晴れのマークが出た。
それにしてはいまひとつスカッとしない。
これが春がすみというやつか?

行いがよければ沈む夕日が見られるかもしれない。
県北の海へ車を走らせた。
c0065410_22332069.jpg
画像クリックで拡大できます FUJI GFX 50S & 32-64mm F4
途中で食べ物と飲み物を買ってリュックに詰め、海岸に下りるのに脚立を用意して車に積んだ。
幸いなことに冬の間に砂が大量に吹き寄せていて降りるのに脚立は必要なかった。
日の高いうちに砂浜を100mほど右に左に行ったり来たり。
足腰の鍛錬にもなりそうだ(笑)
c0065410_22461671.jpg
夕方になると水平線の彼方
粟島の方向には厚い雲がかかり、見る間に光が弱くなっていった。
ならば、消えてゆく最期の光をなんとか捉えようといろいろ試みる。
PENTAX645DやZのような写りは期待できないが、GFX 50Sにしかで表現きないものが
少しずつ見えてきたような気がする。
c0065410_2383568.jpg
今日の一枚は
モーツアルトの魔笛。

大多数の人がこれが一番だろうと云う、オットー・クレンペラー指揮のフィラデルフィア饗。
たくさんレコードやらDVDなどが出ているので、どれが一番とはなかなか決められない。
この盤ではルチア・ポップが夜の女王を唄っている。

DECCAのカートリッジMkIIIが絶好調で、音楽が見えている。
DECCAのカートリッジは専用のアームにつけないと、とんでもない高音キャンキャンになってしまって
ぶん投げてしまった人も多いと聞く(笑)ところがオリジナルの専用アームにつけ相性のよいスピーカーとアンプにつなぐと
あら不思議、豊かな低音と弾むような中音、切れの良い高音部が絶妙に混ざり合って、他のカートリッジでは得られない
至福の音楽を提供してくれるのである。オペラはもとより、ジャズまでもノリノリ。
しばらくは他のカートリッジでは聴けない。
by nontan91 | 2017-04-06 23:56 | GFX50S | Comments(4)