カテゴリ:SONY α9( 34 )
暑かった夏の日に Summer days #SONYα9
とうとう雪が降ってきました。
あの、40℃を越えた夏の日はどこへ行ったのでしょう?
c0065410_00273576.jpg
SONY α9 & FE 24-70mm F4  (以下同データ) 画像クリックで拡大できます Click to enlarge

あまりの熱さにくらくらしながらシャッターを押してたことを覚えています。
c0065410_00274127.jpg

9月になってもこのまま残暑が続くのかと思っていたら、あっという間に気温が下がって
シアトルへ行くのに夏の服だけ用意していたのが無駄になってしまいました。
c0065410_00274629.jpg

台風がたくさんやってきたので、かきまわされて気温が下がってしまったのですね。
台風が連続して発生したことも忘れていました。
c0065410_00275142.jpg

豪雪で有名だった新潟、今では秋田や青森に移ってしまっているような気がします。
確かに降ることは降りますが、報道だと東北の方がすごい。
降雪は北にシフトしているのでしょうか?
c0065410_00275456.jpg


久しぶりにアンプに火を入れました。
最近はお手軽にデジタルミュージックばかり聴いていたのですが
レコードの音は格別です。音量を上げてもうるさくありませんし、
ジャズでもクラシックでもうっとりとして脳からアルファ波がでてるんだろうな~というのがわかります。
聴き込んでしまうので仕事の能率は落ちますが(笑)
c0065410_00280483.jpg
(これだけ FE 24-240mm)

今日の一枚は

アリシア・デ・ラローチャのピアノでアルベニスの「イベリア」

Σ Eratoの録音ですから音が悪いはずもなく、ラローチャの表現力をすべて再現してくれているようです。
ああ、いいですね~やはりこの曲はスペイン人でないと弾けません。
全12曲でそれぞれに「港」「セビーリャの聖体祭」「マラガ」などの副題がついています。

アルベニスが病身をおして書いたといわれる最晩年の最高傑作。
ラローチャの録音の中でも傑作のひとつとして挙げられるのではないでしょうか?
目をつぶって聴くと1900年初頭のスペインの町並みが浮かんでくるようです。
もちろん実際に見たわけではないですから、頭の中の想像でしかありませんが(笑)
c0065410_00280803.jpg
さて、明日のお天気はどうなることやら。
数日前の予報よりもひどくなることはなさそうですが、季節風は強くなるみたいです。
一日家に閉じこもることになるのかな?


by nontan91 | 2018-12-09 02:18 | SONY α9 | Comments(6)
東京 師走の光の中で TOKYO 2 #SONYα9
上京したついでに。
田舎に比べると東京ははるかに光にあふれていました。
c0065410_21291457.jpg
SONY α9 & FE 85mm F1.8 (以下同データ) 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


そしてみんなとてもHappyな笑顔で歩いてくるんです。
こちらもファインダーを覗きながら思わず笑ってしまう^^
c0065410_21292856.jpg

この日は85mm1本勝負。
c0065410_21295330.jpg

東京都写真美術館で、「マイケル・ケンナ写真展・45年の集大成」を見るのと友達と会うために上京したのです。
オリジナルプリントを見られたことは良かったですが、写真集で見ているので残念ながら、それほどの感激はありませんでした。
c0065410_21301291.jpg
メガネがね。
c0065410_21302305.jpg

マイケル・ケンナの写真展を見た後は国立新美術館へ向かいました。
ボナール展です。これは素晴らしかった!
c0065410_21305895.jpg

ボナールは一般的にはそれほど有名ではないかもしれませんが
まるで写真のスナップで切り取ったかのような斬新な絵画。
鮮烈な色彩ばかりが強調されているようですが、構図が何と言っても最高。
c0065410_21312626.jpg

オルセー美術館で2015年に催されたボナール展、51万人という、なんとゴッホ展に次ぐ
歴代二位の入場者数となったらしいです。とにかくですね~こんな構図で絵は描かんだろ???
という、へたくそな素人が日常の様子を切り取った写真みたいな絵なんですよ(笑)
それがまた、とっても素晴らしい^^
c0065410_21315436.jpg

ボナールが撮影していた写真も30点ほど展示されていました。
おそらくガラス乾板ですね。これはまともな構図過ぎてあまり面白くない。
ここに展示されていない、無茶苦茶な失敗作のような残りの写真を見てみたかった。
そこにボナールの秘密が隠されているような気がします。
c0065410_21322867.jpg
近年見た絵画展の中では最高でした。
国立新美術館の同じところでは東山魁夷展の最終日でしたので、そちらの方は大混雑。
おかげで比較的ゆっくり見られたのはよかったです。
c0065410_21324976.jpg
帰りの新幹線の時間もあるので、次は東京駅。
腹が減って死にそうだったので、丸の内のあるビルの中で飛び込んだ中華料理店、
隣近所の飲食店はみんな並んで待っていたので、すいているお店に入ったのですが、
これが史上最悪のひどい味!!!

どうりでお客が少ないと思った。お金を取って人に食べさせるレベルではありません。
次に来たらつぶれているでしょう(笑)
c0065410_21333932.jpg
口直しに東京ステーションギャラリーで「吉村芳生 超絶技巧を越えて」を見た。
鉛筆で描いたまるで写真のような絵画、新聞をそのまま描いて自分の顔を大きくそこに描いた作品が
これでもか! と言わんばかりに膨大な数が展示されている。
頭がくらくらしてきた!
c0065410_21334685.jpg

一日に三つも美術館を回るとさすがに疲れますが
ボナール展が素晴らしかったのでまずまず満足の上京でした。

また、土曜日はK子さんと都内の小さなイタリアンレストランでデートしたのですが
またそこのお料理が最高で、持込のワインがとびっきり美味い年代モノ。
その様子は、また後ほど^^




by nontan91 | 2018-12-04 22:45 | SONY α9 | Comments(2)
蛭野(ひるの)を歩く 2 #SONYα9#SIGMASDQH
蛭野歩きの第2弾です。
雪が降る前にアップしないと出しそびれてしまいますから(笑)
c0065410_23552231.jpg
SONY α9 & Zeiss Sonnar FE 55mm F1.8  画像クリックで拡大できます Click to enlarge


この55mm F1.8は数あるEマウントレンズの中でもコスパ最高と言われているらしいです。
コスパがいいと言うと、安物レンズだけど結構いい写りするんだよ、みたいに受け取られがちですが
違うんです。2倍以上の価格の50mm F1.4に匹敵する写りをします。ホントです。

もちろんF1.4開放の写りは望めませんが、それ以外はほぼ互角。
それにとても小さくて軽い。なのでいつでも持ち出す気分になれます。
ボディサイズに見合ったコンパクトで良いレンズをもっと作って欲しいですね。
c0065410_23553645.jpg
SIGMA SD Quattro H & 35mm F1.4


シグマも最近はやたらでかいレンズを作ってます。
性能がいいのはわかりますが、Art lineは重過ぎます。

この35mm F1.4もでかいですが、このレンズだけは使ってみたかった。
開けて良し、絞ってよし。もう2年になりますが相変わらずよい写りです。
シグマのフルサイズ用レンズはこれ1本しか持ってないですが、これだけあれば十分です(笑)
c0065410_23555875.jpg
SIGMA SD Quattro H & 35mm F1.4


c0065410_23561624.jpg
SONY α9 & Sonnar 55mm F1.8
慈光寺の山門前で。


c0065410_23580887.jpg
SONY α9 & Sonnar 55mm F1.8


いい雰囲気なんですよ、ここのお寺は。
c0065410_23583546.jpg
SONY α9 & FE 24-240mm

蛭野の集落はこんなところです。
みんなイチョウしか撮ってませんけどね(笑)

c0065410_23590398.jpg
SONY α9 & FE 24-240mm

まだイチョウの葉っぱは緑が混ざってるところは多かったですが、
日当たりのいいところは散り始めていました。
一面黄色に染まってます。

c0065410_23591651.jpg
SONY α9 & FE 24-240mm


畑のキャベツ。
これから大根も収穫の時期でした。
c0065410_23592324.jpg
SONY α9 : FE 24-240mm

鶏頭を撮っている時、N潟の風景写真界の重鎮、清水重蔵先生がウロウロしているのをT*さんがみつけ、
話し込んでいるのを聞いていたら、一番いい光のところを撮りそびれていまいました(笑)

by nontan91 | 2018-12-01 00:49 | SONY α9 | Comments(2)
蛭野(ひるの)を歩く #SONYα9#SIGMASDQH
11月18日、蛭野の大銀杏を見に行きました。
以前は11月の中旬頃がちょうど良かったのですが、今年はまだ緑の葉っぱが混じっていました。
季節は少しずつ遅れていくみたいです。
c0065410_14033589.jpg
SONY α9 : FE 55mm F1.8 画像クリックで拡大できます Click to enlarge

一枚目は慈光寺へ続く道。
参道に朝の光が射し込んで、とてもきれいです。
晴れる予報ではなかったのですが、うれしい誤算。


c0065410_14041775.jpg
FE 55mm F1.8


慈光寺への参道の出発地にあるうどん屋さんでは10時からの開店にあわせて
鮎を焼いていました。お寺から戻ってきたら食べようかと思っていたのですが
ここから15分ほど離れた山の中にある「亀徳泉」で鯉を食べることに。
またこれも美味しいんですよ^^
c0065410_14204078.jpg
SIGMA SD Quattro H & 35mm F1.4


亀徳泉にこれから行ってもいいですか?と電話したら
「今どちらですか?」
「蛭野にいます。」

到着したら自分のことを覚えていてくれて
「わたしら、ひるのって言わないんだよ、<ひんの>って言うんだよ、わはは^^」

一年に一度くらいしかここへ来ないんですけどね~


晩秋の日曜日。
ラッキーな日は思いっきり写真を撮って
くたびれたら美味しいものをいただく、これがいいですね^^
ビールでも飲めればいいんですけど、運転して帰らなきゃいけないので、それだけが残念!
c0065410_14042428.jpg
SONY α9 & FE 24-240mm


久しぶりのSD Quattro H、これで撮ったお料理写真がことのほか上出来だったのがこの日の収穫のひとつ。
新しいレンズマウントの発表で何かと話題になっているシグマ。
きっとSONYのEマウントのレンズなんかこれから作らなくなるんだろうね?




by nontan91 | 2018-11-23 14:57 | SONY α9 | Comments(2)
東京 TOKYO #SONYα9
先日、ちょい上京。
久しぶりの都会、新鮮でありました。


東京駅
c0065410_22034950.jpg
SONY α9 : FE 55mm F1.8 画像はすべてクリックで拡大できます Click to enlarge



丸の内
c0065410_22040247.jpg
FE 16-35mm F4

持っていったレンズは55mm F1.8と16-55mm F4のみ。
どちらも比較的コンパクトで好みの写り方をする。スナップにでかいレンズを振り回してはいけないこともあるので
レンズフードも取ってしまう。





東京駅
c0065410_22041545.jpg
FE 55mm F1.8





丸の内、三菱一号館
c0065410_22043407.jpg
FE 55mm F1.8





有楽町
c0065410_22045288.jpg
FE 55mm F1.8








丸の内、ポルトガル料理店
c0065410_22052049.jpg
FE 16-55mm F4
お昼にワインを一杯だけいただく。



丸の内
c0065410_22055790.jpg
FE 55mm F1.8




丸の内
c0065410_22072681.jpg
FE 55mm F1.8






東十条駅
c0065410_22054219.jpg
FE 16-35mm F4





十条仲原
c0065410_22062135.jpg
FE 55mm F1.8





十条銀座
c0065410_22233648.jpg
FE 16-35mm F4
つぶれない商店街、十条銀座は今日も元気。
NHKのバクモン探検隊で紹介されて日曜日の混雑度は半端ない。

商店の後継者がいなくなって空き家になったところへ外から新しい人たちが入り込んで
商売を始め、それが成功してかつての賑やかさを取り戻している。

ただ、それを気に入らない人たちもいて、ブツブツと私に愚痴をたれる婆さんや、
演奏しながら商店街を練り歩いていたディキシーバンドに露骨に「うるさい!」という地元の爺さんもいる。
商店街の会長さんたちが一生懸命やっているところへ水をさす、そんな人はどこにでもいるものだ。



東十条
c0065410_22065790.jpg
FE 55mm F1.8



東十条と十条の間
c0065410_22070751.jpg
FE 55mm F1.8
大昔、この近辺に住んでいたことがあるので
土地勘はあると思っていたが、さっぱり記憶にない(笑)
もう30年は経っているのだ。



東十条
c0065410_22065060.jpg
FE 55mm F1.8



東十条
c0065410_22074245.jpg
FE 55mm F1.8

夕陽が斜光線となり街の半分に大きく影をさすようになって
東十条の駅から京浜東北に乗り上野駅を目指した。
上野から新幹線に乗るのも久しぶり。



by nontan91 | 2018-11-21 23:00 | SONY α9 | Comments(4)
谷川岳へ #SONY α9
例年この時期に必ず訪れる谷川岳。
日の出前にここまで歩いてきて撮影の準備をしていると水色の服を着た山ガールがやってきて
マチガ沢からのルートで山頂を目指すという。

ここからのルートはいくつかある谷川岳の登山道入り口からは最短距離で山頂にいける道で「厳剛新道」という名前がついている。
その分険しいところもあり、わたしゃとても歩く気がしない(笑)
無事に山頂へ着くことを祈りつつ、被写体になってもらった。
c0065410_15011259.jpg
SONY α9 : FE 24-240mm 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


この日はピーカン。少しくらい雲が出てくれた方が写真的にはありがたいけど山頂のトマの耳が拝めただけでもラッキー。
例年10月一杯は混雑のため土合の駐車場は使えないことになっているが、11月に入ったから大丈夫だろうと思っていた。
ところが、紅葉が遅れていたためか、まだ登山道近くの駐車場が使えず、400mも下の臨時駐車場に停めることになり
10分はよけいに歩く羽目になった。ただそれほど気温も下がらず、快適な歩行ができたのはありがたや。
ご覧の通り、山頂付近は先日の寒波で降ったときの雪が残っている。
c0065410_15011924.jpg
SONY α9 : FE 24-240mm


紅葉もまだ残っていてラッキー。
今年は暖かいせいか、例年に比べると気温もまだ高い。
スタッドレスに履き替えてきたが、まったくその必要はなかった。
一年分の紅葉写真は撮ったかな?と思う(笑)

それにしても、このあたりの食い物はどうなってるんだ?
帰りに寄ったレストランでカツカレーを頼んだが、昨日作ったような冷たいカツが乗ってきて
カレーは、いったいどうやったらこんなマズイものを作れるんだ?というくらいすごい。
腹へってたから食っちゃったけど、小学生が家庭科で初めてカレーを作ったとしてもこれよりは美味い(笑)
この店だけのことであって欲しいが、次回はあきらめてコンビニのおにぎりを買うことにする。


by nontan91 | 2018-11-15 20:38 | SONY α9 | Comments(6)
祭りの日 #SONYα9
今日が祭りの最終日。
この時間になってもまだまだ終わらない。
c0065410_20305495.jpg
SONY α9 & Leica Apo Summicron-M 50mm F2 ASPH. (以下同データ) 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


夏の疲れが出たのか、何となく体がだるくて動きたくなかったが
ジョーキパン屋さんに先日のプリントを届けに行くのに50mm一本だけつけて歩いた。
c0065410_20310439.jpg

ところがそのジョーキパン屋さんの場所だけスッポリあいていて誰もいない。
さては人の出る夜だけ商売するつもりだな?
c0065410_20311664.jpg

夜は例年の如く出られないので、写真を渡すことができない。
しかたがない、来年の花市までとっておくか。
c0065410_20313484.jpg

撮り始めたら体が動くようになって、先ほどまでのダルさはどこへやら。
そこらへん、片っ端から声をかけてシャッターを押す。
平気で人の顔を撮れるのは祭りの間だけだ。
c0065410_20315170.jpg


MFアシストの赤いピーキングマークは急いでいる時などかえって邪魔なばかり。
レンズとEVFの性能がいいので自分の目でフォーカスを確かめた方がいい。
開放だと背景から被写体が浮かび上がってくるのでピントが来るのが即座にわかる。
c0065410_20321525.jpg


「撮っといて。後で使うから!」という人。



c0065410_20324478.jpg


ライカ現行の50mmは5本もあるからどれを選んでもきっと楽しいだろう。

古いレンズでは何と言ってもSummarit F1.5かな?
あの独特のボケとピントの合い方が新しいレンズでは絶対に出せないから。
c0065410_20325296.jpg


テレビクルーも諏訪神社に集合している。
とにかく帰り台輪は凄まじいのだ。喧嘩台輪の別名があるくらいだから。
諏訪神社に奉納された台輪がこれから各町内に帰る、その準備をしているところを撮影中。
c0065410_20330994.jpg

台輪は雨を避けるためビニールシートで覆われている。
午後6時になるとこれが取り払われいよいよ本番。

わたしゃ後方待機なのでこの20年まともに帰り台輪を見ていない。
ただいま21:50。

やっと静かになってきた。
台輪は町内に帰るが諏訪神社の儀式はこれから。
すべて終了するのは午前3時頃になる。









by nontan91 | 2018-08-29 21:54 | SONY α9 | Comments(8)
新発田祭が始まる #SONYα9#FUJIXPro2
夏の終わり。
祭が始まった。
c0065410_23274861.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm F3.5-5.6

諏訪神社で神様が祭の神輿へお移りになられるという
全国でも珍しい儀式が毎年執り行われる。そこから祭が始まるのだ。
c0065410_23275994.jpg
SONY α9 & FE 70-300mm


神社より特別に法被を貸していただいて通常は撮ることのできない場所から。
式次第ももう頭に入っているのでそのたびに場所を少しずつ変えていく。
c0065410_23282376.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm
c0065410_23290124.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 18-135mm


諏訪神社を取り囲む黒と白の幕は、仏教伝来以前の日本ではもっとも高貴な色であったため
今でもそれを守っている。
c0065410_23283221.jpg
SONY α9 & FE 16-35mm F4


暗闇の中で執り行われる秘儀。
これ以上見てはいけない。
c0065410_23284790.jpg
SONY α9 & FE 16-35mm F4


すべてが終わるまで約1時間半。
祭の最終日は神社にお戻りいただくため
これとまったく逆の順序で行なわれるが3時間以上かかる。
終わるのは午前3時過ぎだ。
c0065410_23291015.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 56mm F1.2 APD


最終日の29日には、喧嘩祭りといわれる例の帰り台輪がある。
それを楽しみに大勢の人たちが町に戻ってくるが、祭はそれだけではないので
是非紹介して欲しいと諏訪神社の禰宜さんに言われて撮りはじめたもので
今年は町のミニコミ誌「まちかどコンパス」に昨年私の撮った写真が掲載された。
真夜中の儀式を撮っているのは私とT*さんの二人しかいなかったからだ。



by nontan91 | 2018-08-28 00:19 | SONY α9 | Comments(2)
日は落ちて at sunset #SONYα9
やっと朝晩は気温が下がってきて
長袖でも涼しいな、と思えるようになりました。
c0065410_21053421.jpg
SONY α9 & FE 24-240mm F3.5-6.3


きっとペルセウス座流星群が秋風を運んできたのでしょうね。
そういえば、大きな流れ星を見ることが出来ました。
緑色に輝き、煙も見えていました。
c0065410_21055323.jpg
SONY α9 & Leica Super Elmar-M 21mm F3.4 ASPH.


旅行など歩き回るときに持っていく広角レンズの選考会(笑)
16-35 F4はあるのですが、そのほかのレンズを持って歩くとなると
その大きさ、重さがネックになってきますから
広角はMFでも絞れば撮りやすいのでライカレンズも視野に入れることに。
c0065410_21065395.jpg
SONY α9 & Leica Super Elmar-M 21mm F 3.4 ASPH.


Super Angulonの後継機と言われるSuper Elmar 21mm、さすがに破綻無く使いやすい。
ただSA21がやんちゃ坊主で、慣れないと使い辛いが面白いものが撮れるという性格であるのに対し
S.Elmar 21mmはどちらかというと優等生タイプ、何を撮っても安定性がある。



c0065410_21060846.jpg
SONY α9 & Leica Super Elmar-M18mm F3.8 ASPH.


そのかわり、どちらかというとこのS.Elmar 18mmの方が手強くて
やんちゃなので、こちらの方がSA21の後継機というのにふさわしいような気がする。
今日は真面目に撮っているが、一度バンバンストリートスナップをやってみたい。
c0065410_21062289.jpg
SONY α9 & Leica Super Elmar-M 18mm F3.8 ASPH.


あとは初代のUWH 12mm。
これはかなりコンパクトな上にかなり寄れるので
おまけにバッグに一つ入れていったところで邪魔にはならない。

ふむふむ、またストリートスナップの世界に戻ってみようかな?

とにかく小焼けのキレイだったある日の夕方。
秋の香りがする涼風に包まれながらあれやこれやと考える。


by nontan91 | 2018-08-20 23:41 | SONY α9 | Comments(4)
盂蘭盆会 花市村上編 #SONYα9#FUJIXPro2
朝の3時半から賑わっているよ!
と教えられ、ほとんど睡眠もとらずそのまま新発田から村上へ。

ところが、いつもの駐車場についたら真っ暗。
さては騙されたか?と思って外へ出てみたら暗闇でなにか蠢いている!
あ、人がいる!?
c0065410_19575564.jpg
SONY α9 & FE 85mm F1.8 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


荷物を運んできた軽トラのヘッドライトで一瞬人影が浮かび上がった。
眠い目をこすっていたT*嬢も一瞬で目が覚めたらしい、戦闘モードに入る(笑)
おお、このとろけ具合はさすが85mm。
c0065410_19590517.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 35mm F1.4 R


夜明け前、かすかな空の明かりで浮かび上がる花、花、盆花。
これだけあっても1時間後には1/3に減ってしまう。

奇跡のレンズと謳われた35mm F1.4も負けてはいない。
c0065410_19592689.jpg
SONY α9 & FE 85mm F1.8


準備が出来る前から馴染みのお客さんがやってくる。
財布がどこにあるかわからないので、お釣りも出せない(笑)
c0065410_19595405.jpg
SONY α9 & FE 85mm F1.8


村上市は新潟の県北にある都市。
新潟を車で走らせたことがある人はよくわかるでしょう、新潟は南北に長いのです。
走っても走ってもそこは新潟。まるでお釈迦様の手のひらの上で弄ばれている孫悟空のよう。

その北のはずれにある村上市では昔から2,7の日に六斎市が開かれ賑わってきました。
特にこの8月12日はお盆の直前であるため、盆花仏花を求める人が暗いうちからやってくるのです。
c0065410_20012059.jpg
FUJI X-Pro2 & XF 35mm F1.4


何度もこの市を訪れているのに、この花市と呼ばれる日のことは知りませんでした。
馴染みのおばさんに聞いたら、今年はそれでも出足が遅かったらしい。
ちょうど日曜日にあたり、それほど早起きしなくともいいか、と考えたのでしょう。
c0065410_20015504.jpg
SONY α9 & FE 85mm F1.8


最後の写真は午前4時半。
多分、近所から歩いてやってきたバアちゃんが馴染みの八百屋の店先に腰掛けてずっとそのまま。
おいおい、そこは野菜を並べるところだろ??
いいんです、かまわないんです。昔からずっとこうやってきたのです(笑)

さて村上の花市はこれから本格的に始まります。




by nontan91 | 2018-08-16 21:00 | SONY α9 | Comments(4)