カテゴリ:SONY RX100M6( 5 )
玉子焼き #SONYRX100Mk6
画像を整理していたら、こんなのが出てきてしまって
急にお腹がすいてきてアップするはずの無い画像を出してしまった(笑)
c0065410_22551068.jpg
SONY RX100Mk6 画像クリックで拡大して玉子焼きを召し上がれ^^


とあるお店。
玉子焼きを始めると、カウンターに座っているお客がこれを見て
次々と「オレも玉子焼き!」と注文が入る。

「いつもこうなんですよ」
と亭主が笑いながら話す。
c0065410_22551652.jpg

職人技は見ているだけで楽しい。
撮らしてください、とお願いしたら
「ちょっと緊張するかも」
と言いながら快く許可してくれた。
c0065410_22552180.jpg

荒削りの大根おろしがつく。
これが美味しい。醤油などは無し。
そのまま乗っけて食べる。
みんな幸せになる^^


今日の一枚は

ケンプ(P) Wilhelm Kempff のベートーベン ピアノソナタ全集からNr.31 As-dur op.110

ドイツグラモフォン至宝の一箱である。
レコードのレーベルにはちゃんとmade in West Germanyと記してある。
キラキラと輝くようなシングルトーンが美しい。
こういう音はやさしく弾いていても出せないもので、しっかりと打鍵しなければ力の無い音になってしまう。

もちろんバックハウスはまた別格と言わざるを得ないが、ケンプの演奏はまさにスタンダード。
スタンダードと言っても最高レベルの基準であって、ピアニストならこのくらいの高みを目指してみろ!という基準なんである。

A面の演奏はNr.29 ハンマークラフィーアの第一楽章へと続いてゆく。
これもまた素晴らしい、聞き惚れますね。

by nontan91 | 2019-04-09 23:46 | SONY RX100M6 | Comments(4)
ちょっと骨休め #SONYRX100Mk6
久しぶりに会津へ出かけ写真を撮り歩いて温泉へ。
c0065410_19304202.jpg
SONY RX100 Mk6


こういうときには人間堕落するカメラがよいです。
ポケットに入れてここ一番で大活躍。
なぁーんも考えずにゆっくり湯船につかりながらパチリ。
c0065410_19305012.jpg


会津の地酒などいただきながら、美味しい料理に舌鼓を打ってごろごろ。

かなり暗いところなので、一昔前のコンデジでは写せなかったことを考えると
格段の進歩です。宴会場から目の前のライトアップされた滝を一枚。
流れを止めるなんて考えられませんでしたけどね。
c0065410_19305584.jpg

温泉には3回も4回も入る人が多いですけど、私は疲れるばかりなので
1回ゆっくりつかって、あとは旨いもの食ってひっくり返っているというのが大好き。

旅館にもよりますけど、チェックアウトが10時というところがほとんどです。
朝飯をゆっくり食べたら、あとは追い立てられるように出発しなければいけない。
せめて11時にしてくれれば、と思うのですが、掃除などの都合で無理なのでしょうね。

都会のホテルなどでは12時チェックアウトが増えてきていますから
ゆっくり朝食を食べても二度寝ができる。そういうのに慣れているので10時というのはちょっとつらいな。


今日の一枚は

カウント・ベイシー ビッグバンドで The Essenntial Count Basie

1950年代の名演を集めたVerveのLP。
ライブ音源あり、スタジオ録音ありと盛りだくさん。
おそらく一番スピード感があった時期のものでしょう。スピードだけでなく歯切れのよさも最高。
もちろん演奏そのものも最高に乗っていた頃の録音から採られたものですからヤバイものばかり。
思わず体も動いてしまい、まったく仕事にはなりません(笑)
A面最後のApril in Parisが流れてくる頃には最高潮、もう忘我の境地です^^
「One more time!」もっとやってぇ~!!



by nontan91 | 2019-04-02 20:47 | SONY RX100M6 | Comments(6)
おやひこさまへ #SONYRX100Mk6
またまたアップが遅くなってしまいました。
西日本の被害があまりに大きく、のほほんと温泉につかっているような写真をアップすることが
ためらわれたものですから、掲載を控えておりました。

復興が少しでも早く進むように祈願をかねて弥彦神社に参拝いたしましたので
その時の写真をば掲載させていただきます。

越後一宮、弥彦神社は創建年度こそはっきりしていないものの、7~8世紀の文献、万葉集などにその名が登場します。
伊夜日子大神、天香山命(あまのかごやまのみこと)が祀られています。
c0065410_21041004.jpg
SONY RX100Mk6 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


神武天皇を助けたという霊剣を献じた伊夜日子大神にちなんで
霊写真機100Mk6を携えて参道を歩きましたが、こんな小さいカメラでこれだけの画像が撮れるとは!
人間堕落カメラと呼んでは失礼ですね(笑)
c0065410_21045850.jpg

私のブログを見てこのRX100M6をカメラ屋さんに問い合わせをしたところ
すでに一ヶ月以上の待ち、だと言われたという方がおられます。
発売前は Who is it for?(誰がこんなカメラ買うんだ?)と皮肉っていたサイトもありましたが
使ったらやめられませんよ~。
c0065410_21051432.jpg

当日は雲ひとつない良いお天気に恵まれました。
暑いことは暑いのですが、参道は杉木立に囲まれて涼しい風が吹き
とても30℃を越えているとは思えないほど快適でした。
c0065410_21052739.jpg


背後に聳える弥彦山の山頂には奥宮があります。
ロープウェイで上がれるのですが、そこからまた700mほど山道を歩かなければなりません。
山頂はあまりの暑さに奥宮まで行くのは断念しました。

神社の脇からロープウェイ駅まではシャトルバスが15分おきに出ているのですが
待つのが面倒で山道を歩いちゃったものですから、もうそこで体力使い果たしておりました(笑)
c0065410_21054234.jpg


短い距離の山登りすら満足に出来ない堕落した体になってしまったのを嘆きつつ
汗を拭き吹き歩き回った、何年ぶりかの弥彦神社でしたが、小さいカメラに本当に助けられました。


by nontan91 | 2018-07-18 21:56 | SONY RX100M6 | Comments(4)
堕落論 #SONYRX100Mk6
前回お話した人を堕落させるカメラ、
早速これをもって秋田へ出かけました。

堕カメラ? ダラカメ?
何とでも言ってください(笑)
c0065410_19332883.jpg
SONY RX100Mk6 画像クリックで拡大できます Click to enlarge
秋田港にて

仲間3人と例の深夜フェリーに乗って行きました。朝の5時40分に到着です。
秋田といえば、あのT*さんも当然同行です。

今回はα9、50Sも持って行ったのですが、まったく出番なし。
とにかく歩き回る撮影旅行なので、軽くてコンパクトなX-Pro2と100Mk6がメインとなりました。
ぜひ拡大してご覧ください。
c0065410_19340136.jpg
SONY RX100Mk6 黒湯にて

乳頭温泉 黒湯の朝。
乳白色に薄い緑の色が入っていてとても素晴らしいお湯でした。
画像の色もさることながら、直線にほとんど歪みがないのが気持ちいいです。
c0065410_19343352.jpg
SONY RX100Mk6 秋田港沖合いで


広大な風景からテーブルフォトまでこれ一台で何でもこなしてしまいます。
しかもきちんとした写り。たまりませんねぇ(笑)

ただし、あまり簡単にきれいに撮れてしまい、ろくに考えもせずやたらシャッターを押してしまうので
打率はとても悪かったです。きちんと構えて撮るFUJI X-Pro2の打率が3割3部3厘とすると
SONY RX100Mk6は1割7部5厘といったところでしょうか?(笑)
それでも枚数はX-Proの倍以上撮ってますから長打率は同じくらいでしょう。
c0065410_19344215.jpg
SONY RX100Mk2 抱返り渓谷の吊橋で

首からぶら下げていても苦にならない重さ(301g)と図体なのでほとんどの人に警戒されることはありません。
向こうから歩いてくる人の足元、撮っていると思わせずにスパッと音無しでシャッターを押せる手軽さ。
これが一眼レフではこうはいきませんね。
c0065410_19344893.jpg
SONY RX100Mk6  角館にて


家族旅行で角館には滅法詳しいT*さんの案内で武家屋敷通りを徘徊します。
お腹がすいたのですが、花見時ほどではないにしても有名店や通りにあるお店は人が一杯。
なので、少々裏道にあるお店に入ったのですが、これが大正解!

とても美味しい稲庭うどん(きのこづくし)をいただきました。
テーブルフォトがこれだけきれいに写せるとうれしくなりますね。
c0065410_19345364.jpg
SONY RX100Mk6 抱返り渓谷にて


通常であればフルサイズ一眼レフで撮るようなシーンもこれだけの表現力がありますから
旅行など出来るだけ荷物を軽くしたい時などきっと、とても重宝します。

でも細かく見ればAPS-C、フルサイズ、中判との差はあるわけですから
県展などのコンテスト写真には向かないのかもしれません。用途や被写体を選べばいいわけです。

美しい秋田の風景とともに、100Mk6に魅せられて限りなく堕ちていった撮影行でした(笑)







by nontan91 | 2018-07-03 21:23 | SONY RX100M6 | Comments(8)
美味しい話 Tastes good #SONYRX100M6
大変ご無沙汰いたしました。

いえね、写真を撮っていなかったわけではないのですよ。
福島に遠征したり、花を撮りに行ったり、いつもよりたくさん撮っていたのですが
間瀬のサーキットの写真が3000枚とあまりの多さに整理しきれず
そのほかに撮ったやつがさらに追いつかず。

そうこうしてるうちにサッカーワールドカップが始まってしまい。

気がついたら手元にRX100M6が届いていました(笑)
c0065410_00020464.jpg
SONY RX100 Mark6 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


何をどう撮ってもいいですよ、とお墨付きをいただいている焼き鳥屋さん。
カウンターで箱から出してセッティング。
「初撮りがこんなところでいいんですか??」
と、大将が。

いいんです!
ここでなければいけないのです。
c0065410_00021401.jpg
紀州の備長炭でなければ自分の焼き鳥は焼けない、という店主。
火の通り具合、その速度が同じ備長炭と名前がついていても違うのだそうで
外はパリパリ、中はふわふわのレバー。
普段は食べないレバーもここでは大好物になるのです。
c0065410_00022462.jpg
24-70mmのMark5から24-200mmへと変わったMark6。
α9の技術が惜しげもなくつぎ込まれてチャンスを逃すことなくシャッターが次から次へと切ることが出来ます。
必要なものがすべて一台に盛り込まれているので、アサカメの紹介記事で
このカメラを持ったら人間堕落すると書いてありました(笑)
c0065410_00022880.jpg
この上の写真は200mmの望遠端。
この焦点距離が使えるからこそ撮れた写真です。
センサーは1インチですが、近年このセンサーサイズの画質の進化には目を見張るものがあります。
c0065410_00024819.jpg
中判や35mmフルサイズ、APS-C、4/3、と勝負が出来るとはいいません。
それでもこの小ささにすべてが入っているからこそ撮れるものがあります。
一眼レフを振り回していては警戒されるような場所でもこれならば誰も気にとめません。
c0065410_00030612.jpg
純正のRAW現像ソフトは出来ることが限られていますし、かったるい。
adobe製品ではまだこのカメラのRAWに対応してませんから、jpeg撮って出しですが
何の問題もありません。
c0065410_00031769.jpg
風景写真をがっちりと三脚据えて撮られる方はおそらく見向きもしないカメラでしょう。
被写体によっては中判カメラですらかなわない写真が撮れる、そんな気にさせる写真機はあまりないと思います。
ただそれぞれのテリトリーがありますから、これ一台ですべてがまかなえるわけではなさそうですが。
c0065410_00032303.jpg
バッテリーは以前のものと同じですから、小さいです。
若干撮れる枚数は増えているような気がしますが、もしこれ一台で丸一日撮影するとなると
バッテリーは3~4個必要になるでしょう。SIGMAのDPシリーズほどひどくなないですが(笑)
c0065410_00034159.jpg
ポケットにすっぽり入る大きさには助けられます。
この日はX-Pro2と交換レンズ、iPadなどぎっしりバッグに詰めていましたが
RX100M6はまるで持っていないのと同じ。それでいて24mmから200mmまで使えるのですから
人間堕落すると感じても不思議はないです。堕落する寸前で止めておかなくてはなりません(笑)
c0065410_00034586.jpg
この花の写真もそうですが、1インチなのにとてもボケがきれいです。
フルサイズで撮った写真ですと言っても騙されちゃうでしょうね。
手振れ補正がついているので小さくてブレやすいのをある程度防いでくれます。
これもありがたい機能です。旅のお供には最高の一台ですね^^

あ、ISO感度のことを忘れてました。
一枚目の写真はISO6400です。普通に使えますね。

さて、撮りためた写真、やっと整理がついてきましたのでこれからバンバン出していきます。

by nontan91 | 2018-06-27 01:47 | SONY RX100M6 | Comments(10)