<   2017年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
凍てつく世界 ICE WORLD #PENTAX645Z
11月19日、当地も初雪。

小さな事故も相次いだ。
雪が積もり始めているのにノーマルタイヤで出かけて事故るなんてとんでもないことだ!
あれだけ以前から日曜日は大雪という警報が出ていたのだから準備しておくべき。
c0065410_22254207.jpg
PENTAX 645Z & 33-55mm 画像クリックで拡大できます CLICK TO ENLARGE

写真は2015年暮れの北海道石狩地方。
どうもこの場所は、ここへいらしてるa.mさんのBlogの石狩#3というのと同じところではないか?と思う。
被写体として有名な場所ではないと思うし、たまたま撮影したところが一緒だとしたらすごい偶然ですね。

この日は増毛祈願のため(笑)増毛町に行くつもりで車を走らせていて、あまりの地吹雪のひどさに断念。
たまたま地吹雪が止んだときに撮影した一枚。
c0065410_22513433.jpg

二枚目は積丹半島で。
N潟からフェリーで小樽に到着したその日に地吹雪をついて撮影に出かけた時のもの。
当時の写真を見直していると、また小樽へ出かけてみたいな~と思う。
地理的なものがなんとか掴めたので忘れないうちにもう一度撮影旅行に行ってみたい。



今日の一枚は

EVA CASSIDYの IMAGINEというアルバムから

日本語ではエヴァ・キャシディと記載されていることが多いが、イーヴァ・キャサディと表記されていることもある。
恥ずかしながら、この歌手を知らなかった! N潟の古いJAZZバーでかかっていたのを聞いてあまりの歌のうまさにびっくりして
マスターにエヴァのことを教えてもらった。

1963年にワシントンD.Cで生まれ、1992年にデビューし1996年に33才で皮膚がんのため亡くなっている。
たった4年間に何枚もアルバムを出して、それがどれも素晴らしい。
ジャズ、ロック、ポップス、フォーク、ゴスペルとジャンルを選ばずカヴァー曲が多い。

このCDでは1曲目のカントリー調の曲がかかった瞬間、これは只者ではない!?
2曲目のFEVERで圧倒され(あの有名なフィーヴァー)こんなFiverは聴いたことがなかったし
ジョン・レノンのIMAGINEで、これはやばいぞ!
テネシー・ワルツでうっとり!
最後のダニー・ボーイで完全にノックアウト!

唄もすごいが、彼女のギターもうまい!
家に帰ってから早速アルバムを探して注文したが、
多くは輸入盤で、到着するまで時間がかかる。
やっと一枚目が着いたところだ。

by nontan91 | 2017-11-21 00:14 | PENTAX645Z | Comments(12)
いぶし柿 smoked persimmons #SONYα9
とにかく晴れてくれない!

たどりついたらいつも雨降り。

まいったなぁ。
c0065410_21304725.jpg
SONY α9 & Carl Zeiss Planar 85mm F1.4 ZF 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


そんなわけでどうしても屋根のあるところで撮影することが多くなった。

いぶし柿、ただ干し柿にするより燻煙することによってより甘みと旨みが引き出されるに違いない。
食べたことはないが、きっと美味しいのだろう、ひとつもいでみたかった(笑)
c0065410_21305307.jpg


大きな囲炉裏の上で燻されている柿、食べてみたかったなぁ。

撮影にはPlanar 85mm F1.4を使った。
Nikon用のマウントなので、コンバーターを使ってSONYに装着する。
Nikonで写したときもすっげぇなぁ!と思ったが、SONYではその繊細さがより際立つ。

これだけの写りをするレンズ、他には無い。
同じ85mm F1.4がないから直接比較は出来ないが、さすがのライカレンズでもかなわないのではないか、と思う。

大口径のF値の明るい解像力の高いレンズはボケが2線ボケになったり、硬いボケになったりすることが多いが
このPlanar 85mm F1.4 ZF、とろけるような美しいボケとピントの合ったところのかみそりシャープが両立している。
以前のContax Planar 85mm F1.4を髣髴とさせる、まさに魔物のようなレンズ。
c0065410_21320079.jpg


ただ、問題は自分の持っているマウントコンバーターでは開放でしか撮影できないこと。
まあ、このレンズは開放で使うことが前提のようなものだからそれでもいいんだけど(笑)

これからは人も撮ってみようと考えているので、85mmは避けて通れない。
MFでもいいのだが、AFで瞳認識ができればなお良いのではないか?
SONY純正? 中判フジノンレンズ?
うん、悩みは尽きないなぁ(笑)


関川村 渡辺邸


by nontan91 | 2017-11-15 23:02 | SONY α9 | Comments(4)
ご来場御礼! #FUJIGFX50S#SONYα9
今年も盛況のうちに第8回7人展「私たちのまなざしとその記憶」が終了しました。

たくさんのご来場たいへんありがとうございました。
そして少し早めに飲みに出かけてしまって、遅くにご来場されお会いできなかった皆様、たいへん申し訳ございませんでした!
これに懲りずにまたお願いいたします。

写真は開催期間中に会場の砂丘館で撮影されたものです。
c0065410_23071368.jpg
FUJI GFX50S & 32-64mm F4 画像クリックで拡大できます Click to enlarge

会期中、休日はまずまずの良い天気。
会場は旧日銀新潟支店長宅。
展示を見なくとも素晴らしい邸宅とお庭を見るだけで訪れた価値があるというものです(笑)
c0065410_23071830.jpg
SONY α9 & APO SUMMICRON-M F2

↑福島からお越しのAさん、遠いところありがとうございました!

c0065410_23072864.jpg
SONY α9 & APO SUMMICRON-M 50mm F2


邸内でとれた柿。
ご自由にどうぞ、ということでした。
c0065410_23084602.jpg
SONY α9 & ANGENIEUX 90mm F1.8

展示は邸内の「蔵」のスペースを1階と2階に分けて行ないました。
これは2階部分です。
c0065410_23082165.jpg
SONY α9 & ANGENIEUX 90mm F1.8


P. ANGENIEUX PARISと刻印された古いアンジェニューレンズ。
ひょんなことから手に入れたものですが、その後一度も同じレンズを見かけたことがありません。
NetでもこのF1.8は出てこないのです。
c0065410_23091311.jpg
SONY α9 & ANGENIEUX 90mm F1.8


ライカで使用していたときはノクチなみの薄いピントのため、はずれが多く苦労していましたが
EVFでピントが確認できるようになり、再登場です。

モノクロ時代のレンズですからコントラストは強くありませんが、
グレーの中に無限のグレーの階調があると謳われたアンジェニューの真骨頂はそのままに
美しいボケを背景に被写体がふうぅーっと浮かび上がってくる写りはα9という伴侶を得て
ますます磨きがかかってきているようです。

シアトルのScottさんはタンバール90mm、N潟のyoshipassさんはS.A.21mm、zbjsowerさんは15-30mm F2.8と
それぞれ得意なレンズというものを持っている人は独特ないい写真を撮っています。
自分もANGENIEUXでなんとかその仲間入りをしたいものですが・・・元来浮気性なので無理でしょうねぇ(笑)



by nontan91 | 2017-11-08 00:24 | SONY α9 | Comments(8)
今日は作品の搬入です
まだ何ヶ月もあると思っていたのに、あと一日になってしまいました!
今年の7人展は前年と同じ新潟市の砂丘館です。

11月2日木曜日が初日。
仕事が終わってからですので私は夜の7時過ぎくらいから在廊です。

11月3日金曜日は祝日なので朝の9時から夜の9時までいる予定ですが、
飯の時間などどうするかまだ決まっていません。コンビニで買い置きかな?

11月4日土曜日は仕事が終わってからですので午後3時過ぎになると思います。
夜は9時 7時30分ごろまで在廊予定です。

最終日11月5日日曜日、これも一日中いる予定ですが夕方は5時か6時には撤収になりますので
この日は早めにお越しください。
c0065410_23465756.jpg
SONY α9 & FE16-35mm F4 画像クリックで拡大できます Click to enlarge


雄国沼です。
朝もやとビッシリついた朝露。
ズボンはビショビショになるし、木道は滑るし。
それでも空気が美味しくて気持ちのいい朝でした。



c0065410_22100442.jpg
c0065410_22095664.jpg


by nontan91 | 2017-11-01 00:00 | Comments(12)