BIG FREIDAY
今日は久々のBIG WAVE!

こういう日は潮の香が匂う、ひたすら車を走らせて海へ!

いい波がくる日は滅多にないから、この辺にうまいサーファーはいない。

でも、みんな、カッコつけるのと、ぶっ飛ぶのはウマイ!

夕陽の中で。
c0065410_22343477.jpg
CANON EOS 20Da with EF28-300mmL IS
# by nontan91 | 2005-07-08 22:38 | スポーツ | Comments(31)
停止した時間
市島邸

今は使われていない炭小屋で。
いったい、いつからここに置いてあったのかな?
何の道具かもわからない。
c0065410_23243673.jpg
CANON EOS 1DsMkⅡ with EF50mm F1.4
# by nontan91 | 2005-07-07 23:26 | Comments(12)
夏を待つ
近くの剣竜峡で。

今日は純和風でいきます。
c0065410_2334358.jpg
CANON EOS 1DsMkⅡ with SIGMA 120-300mmF2.8
それにしても、やぶ蚊が多くなってきて、いくら携帯蚊取り持ってても
山の中にいくのはしんどくなってきた。。。
# by nontan91 | 2005-07-06 23:11 | 自然 | Comments(32)
わたしの場所
気温が30度を超えていても
不思議と猫たちのいる場所は気持ちがいい。

なるほど、ここで一緒に寝っ転がらせてもらうと
風が通っている!

ここは、この子のテリトリー
c0065410_2248065.jpg
久々の銀塩写真でした。

CANON EOS 7s with EF70-300mmDO IS & Velvia 100
あれ!日付が入っちゃった?バカタレ~(汗)

これがデジタルだとこうなります・・・
# by nontan91 | 2005-07-05 22:58 | 風景 | Comments(22)
青い葡萄
カベルネソービニョン (嘘)

ワイン葡萄の名前はこれしか知らない・・・
c0065410_23383662.jpg
昔、ここの葡萄の苗木のオーナーにならないか?と
このワイナリーができるまえに話があった。
こんなところにワイン葡萄などできるものか!
辞退したのが悔やまれる。
今頃毎年何本か手元に届いていたはず・・・
いまからでも遅くないか(^^;

EPSON R-D1 with NOCTILUX 50mm F1.0
# by nontan91 | 2005-07-04 23:53 | グルメ | Comments(16)
ちょっと一休み
地ワインを葡萄から育てて作っているところへ出かけた。
周辺の写真を撮りに行ったのだが、
午前中から32度を越す猛暑で、すぐに中へ引っ込んだ。

せっかくだから、一杯いただき!
アルコールが醒めるまで、ゆっくりとここで過ごした。
c0065410_23153747.jpg
ちなみに右はただの水。
味?あまりワインは飲んだことが無いので・・・

EPSON R-D1 with NOCTILUX 50mm F1.0
# by nontan91 | 2005-07-03 23:18 | グルメ | Comments(32)
木漏れ日の庵
c0065410_23545.jpg
明治9年 第十四代当主により建てられた茶室、水月庵。
6畳と8畳からなる数寄屋造りで、一部が池の上に架されている。
オーソドックスな茶室ではないので、おそらく一度に多くの
客をもてなすために造られたのだろう。まさに風雅のきわみ。
気持ちいいことこの上ない。

CANON EOS 1DsMkⅡ with EF50mm F1.4
c0065410_23163260.jpg
その池である。
一日中、この茶室に寝っ転がっていてもよい。
蚊取り線香は必携だが・・・

CANON EOS 1DsMkⅡ with EF70-200mmL IS
# by nontan91 | 2005-07-02 23:20 | Comments(20)
鈍く光る
市島邸の金屏風

平日でこの広大な屋敷には私一人しかいない。

シンと静まり返った薄暗い部屋に一人。
屏風と対峙してみる。

おそらく季節によって出すものを決めているのだろう、
今の季節は、この屏風でなければならないのだ。

なかなかシャッターがきれない。
え~い、どうしてくれよう?
c0065410_0283259.jpg
R-D1 with NOCTILUX 50mm F1.0
# by nontan91 | 2005-07-02 00:33 | Comments(8)
薄明かりの中で
銀箔を張りつめた屏風
ほの暗い部屋の中で、じっと目を凝らすと
銀箔に外の色が微妙に映りこんでいるのがわかる。

これは人工的な光で見てはいけないものだ。
薄暗い雨明かりがよい。
ゆらめくロウソクの明かりもよいだろう。

じっと目を凝らす。
すると、私たちが受け継ぐべき
日本の美の形がおぼろげに見えてくる。
c0065410_055252.jpg
市島邸
近代までこのあたりを支配し、田畑一千町歩を有した大地主の館
越後の豪農、敷地8000坪、建坪600坪といわれる屋敷
その昔日の回廊に所蔵された美術品の数々、一般公開されていないところも
含めて、撮影許可いただきました。あ~ワクワクする。

EPSON R-D1 with NOCTILUX 50mm F1.0 絞り開放 1/30 手持ち ISO400
# by nontan91 | 2005-07-01 00:23 | Comments(14)
ちょっと晴れ間
ウチのラズベリー
やっと実をつけた。

今年は数が少ないかわりに実が大きい
甘くてとてもすっぱい!

ほんのちょっとの晴れ間、夏の風が吹いている。
c0065410_23361867.jpg
久しぶりのCANON EOS 20Da with EF28-300mmL IS
# by nontan91 | 2005-06-29 23:39 | 自然 | Comments(26)
日暮れの町
街の真ん中に幅3.5mほどの
川が流れている。

昔はこの川で洗い物をしたりして、生活の一部であった。
屋敷の裏口に、直接川へ降りるところがこしらえてある。

今は使われていない、その石組みに
季節の花を飾り、道行く人の目を楽しませる。
大雨で増水してちょっとかぶってしまったようだ。
c0065410_01664.jpg
EPSON R-D1 with NOCTILUX 50mm F1.0 絞り開放、1/60
# by nontan91 | 2005-06-29 00:23 | 風景 | Comments(26)
東京異聞
沢山の時間の流れが交錯しているから
時には食い違いが出てくることもあるかもしれない・・・
c0065410_0541023.jpg
EPSON R-D1 with SUMMARON 35mm F3.5
# by nontan91 | 2005-06-28 00:57 | 街撮り | Comments(16)
ボクもアヂ~
陶器だから冷たくヒンヤリ見えるかというと
そうでもない。

やっぱり暑いのだろう。
c0065410_2354815.jpg
EPSON R-D1 with NOCTILUX 50mm F1.0
# by nontan91 | 2005-06-26 23:37 | 街撮り | Comments(24)
新潟散歩
32度となった新潟市
一番暑い最中に信濃川のほとりを歩くはめに。

半分後悔、半分正解。
c0065410_2274995.jpg
EPSON R-D1 with SUMMARON 3.5cm F3.5
# by nontan91 | 2005-06-26 02:31 | 街撮り | Comments(16)
夕暮れ
ウチから約20分、落堀川の河口に
とても小さな港がある。
c0065410_87526.jpg

EPSON R-D1 with SUMMARON 3.5cm F3.5
# by nontan91 | 2005-06-25 08:09 | 風景 | Comments(15)
水盆
c0065410_821781.jpg

銀塩モノクロ
初めて風景を撮りに行ったが
結果はことごとく失敗だった。

緑色がどのくらいの濃度に仕上がるのか
わかっていない。光の反射で思ってたより白くなって
まるで紅葉写真になったりする。

目がモノクロになってない・・・難しい。

CONTAX RTS with Planar 50mm F1.4 & Tri-X400
# by nontan91 | 2005-06-24 08:09 | 風景 | Comments(18)
前兆
突如 赤い月が昇った

騒いでいたカラスどもがぴたっと鳴き止んだ

重苦しい夜が始まる
c0065410_3524886.jpg

ブラジル戦のキックオフ
すでに0-1 ,レベルが違うのはわかっているが
なんとか勝って欲しい、願いを込めつつ。

CANON EOS 20Da と EF28-300mmL IS

結果2-2
最後の一点は、寝ないで応援したみんなの
念波が後押ししたに違いない。
# by nontan91 | 2005-06-23 04:00 | 街撮り | Comments(16)
やっちまった・・・
これはアイゼン
山に行かない人はほとんど知らないものかも。
登山靴の底につけて雪面を歩く
c0065410_883795.jpg

さて、幻の滝を撮って意気揚々と引き上げる時
ルンルンと周りを見ながら下っている時
悲劇は起こった!

雪渓の上に転がっている折れた枝を、ふんづけて
アイゼンがツルッ!膝がギクッ!やばい!
雪で冷やして、消炎軟膏を塗り、テーピングをして
とりあえず、歩き始めた。

最初は良かったが次第に痛みが出てきた。
おまけに滝まで行って余分な体力を使ってしまい
ちょっとバテてきた、おまけに暑い!

最後の一時間は夢遊病者のように足を引きずって
帰ってきた。頭の中では何故かユーミンの「ルージュの伝言」が
延々とリフレインしていた・・・
c0065410_8183570.jpg

本日のご飯「チキンライス」
チキンライスと思わなければ食べれる・・・
転がったグレゴリーの軽量リュック、風除けだ。
この時はニコニコしていたのにね~

EPSON R-D1 with SUMMARON35mm F3.5
# by nontan91 | 2005-06-22 08:21 | 風景 | Comments(28)